ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マーク・ロンソン&ブルーノ・マーズ 米ビルボード・シングル・チャートで遂に5週目のNo.1をマーク

DATE:
  • ガジェット通信を≫

マーク・ロンソン&ブルーノ・マーズ 米ビルボード・シングル・チャートで遂に5週目のNo.1をマーク

 絶好調なマーク・ロンソン&ブルーノ・マーズの「アップタウン・ファンク」が、今週の米ビルボード・シングル・チャートで、ついに5週目のNo.1をマークした。

 5週目の首位にして、自己最高ポイントを獲得!そしてブルーノにとっては、「ロックド・アウト・オブ・ヘヴン」(2013年6週)に続く、首位獲得回数を更新し、次週No.1をマークすることで、その記録と並ぶことになる。すでに、2015年の年間チャートTOP10入りが期待される大ヒットとなった「アップタウン・ファンク」。この曲が収録されているマーク・ロンソンの4thアルバム『アップタウン・スペシャル』も絶好調で、先週の10位から7位へ、この曲の大ヒットによりその名のごとく、アップした。

 さて、いよいよ日本時間2月9日(月)に開催される、第57回グラミー賞が目前になったところで、ノミネート曲、パフォーマンス予定のアーティストによる楽曲が、好調な動きをみせている。特に受賞が期待される、2位のエド・シーランや3位のホージア、2曲が同時にTOP10内ランクインし続けている、テイラー・スウィフトとメーガン・トレイナーは、今回のグラミーの顔といってもいい。また、直前で楽曲の著作権問題で話題をよんだ、サム・スミスもやはり期待したいところ。その「ステイ・ウィズ・ミー ~そばにいてほしい」は、先週から5ランクアップし、21位まで上昇した。

 その第57回グラミー賞でパフォーマンスが予定されている、リアーナ&カニエ・ウェスト、ポール・マッカートニーによるトリオソング「フォー・ファイヴ・セカンズ」が、先週の54位から15位へ、ジャンプアップした。

 モノクロのシンプルなバックに、アコースティック風味のサウンドが印象的な、超ビッグスター3人によるコラボレーションで、そのPVが公開されたことを受け、ストリーミングポイントが急上昇し、TOP20入りを果たした。グラミーでのパフォーマンス後は、その効果によりTOP10入りも間違いなさそうで、女性アーティストとしてはマライア・キャリーに次ぐ首位獲得記録を保守するリアーナが、また記録を更新するか、期待したいところ。この曲は、リアーナの8thアルバムからの先行シングルともささやかられているが、現時点ではそのアルバムのリリース日などは公開されていない。

 TOP10入り間近となっているのは、ピットブル&ニーヨの「タイム・オブ・アワ・ライヴス」。昨年11月にリリースされた、ピットブルの8枚目のスタジオ・アルバム『グローバリゼーション』からの5thシングルで、ラップチャートでは先立ってNo.1を獲得した。ニーヨとのコラボは、2011年の「ギブ・ミー・エヴリシング」以来実に4年ぶりで、この曲はピットブル初の首位獲得となり、同年の年間5位にランクインする大ヒットに至った。それだけに、今回のチャートアクションも見逃せない。

関連記事リンク(外部サイト)

2月14日付 Billboard Hot 100 全米シングルチャート
2月14日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
マーク・ロンソン×ブルーノ・マーズ 最新コラボ曲MVが公開、息の合った共演っぷりは見もの

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。