ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「プ女子」犬山紙子と鈴木詩子 プロレスの楽しみ方を語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 肉体がぶつかり合い、ときには血が飛び交う格闘技・プロレス。以前は男性客がメインだったが、今では「プ女子」と呼ばれる女性ファンが増えている。そこで、プ女子代表としてイラストエッセイストの犬山紙子さんと、漫画家の鈴木詩子さんにその魅力を語ってもらった。

犬山:私が初めて生で見たのは2年前で、派手なエンターテインメント性に大興奮。ルールや技も何もかも知らなくても楽しめたけど、その前は怖いイメージがあった。どうでした?

鈴木:そうですね。敷居が高くて、行ってもプロレスの作法に反したことしちゃうんじゃないかって不安でした。

犬山:でも、実際に行くとそんなこと全然ないんだよね。しかも、「イケー!」とか「キャー」とか大声出せて、ストレス発散できる。

鈴木:私は知らないで行ったら失礼だと思って動画や本とかで勉強して行っちゃったんですよ。そんなことしなくて、ぽんっと飛び込めばよかったって思いましたね。

犬山:それに最近のレスラーはイケメンが多いし、いろんなキャラのかたもいてすごく面白い!

鈴木:ツイッターやブログもほとんどの人がやってるし、お気に入りが見つかったら追いかけられるってのも、アイドルみたいですよね。

犬山:そうそう。棚橋(弘至、新日本プロレス所属)がいちばん好きなんだけど、飯伏(幸太、DDT・新日本プロレス所属)、高木(三四郎、DDT所属)、(マッスル)坂井(DDT所属)が気になってます。特に飯伏は間違いない。入り口として最初に見ると絶対楽しい。

鈴木:私はギャップに萌えちゃうから田口(隆祐、新日本プロレス所属)。試合中は空中技とかしてすごくかっこいいんですけど、試合後のコメントで恥ずかしそうに下ネタを言うんですよ。

犬山:ギャップ萌えありますね! 体はいかついのに、少年のように頑張る姿を見るとキュンキュンしちゃう。他に気になる選手は?

鈴木:中西(学、新日本プロレス所属)とオカダ(カズチカ、新日本プロレス所属)です。特にオカダがこないだの試合で負けちゃった時に見せた涙を思い出しただけで泣けてきます。本当に頑張った人にしか流せない涙だなって。それに選手と一緒に頑張りたいって気持ちがあるから、私も毎日スクワットしてるんです(笑い)。

犬山:すごい! 超ピュア(笑い)。私的にはジャニーズに萌えるのと同じなんですよね。男たちがわちゃわちゃしてるのが好きで、それを眺めるのが至福なんです。

鈴木:たしかに母性本能くすぐられますよね。

犬山:だから、一流の選手じゃなくて、リングの周りにいるまだ若手の選手たちも見ちゃいます。あれ? あの子イケメンだなって。

鈴木:ジャニーズJr.と同じみたいなものですね。

犬山:そうそう(笑い)。私たちの場合はヤングライオン(新日本プロレスに所属する若手選手の通称で、3年目あたりまでの選手)だけど。

鈴木:成長を見守るって感じ。だから絶対生で見た方がいい。

犬山:最初はビジュアル面で入るってのもありです。いろいろ見ると必ず推しが見つかります。

鈴木:それに会場の一体感! 見様見真似で選手のお約束をやるのも楽しみのひとつ。

犬山:でも、なんといっても最高の楽しみは観戦後の居酒屋タイム(笑い)。

鈴木:プロレス談議に花が咲きますよね!

【プロフィール】
犬山紙子:イラストエッセイスト。著書『負け犬美女 ルックスは仇になる』など。
鈴木詩子:漫画家。著書『女ヒエラルキー底辺少女』。

※女性セブン2015年2月19日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ジャンボ鶴田の就職時「尊敬する馬場さんの会社選びました」
「日本プロレス史上最も盛り上がった」と評される大会とは?
日本プロレス界の父・力道山 大変貴重なリング上カラー写真

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP