体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ビクター犬“ニッパー”の記念日が日本で正式決定

エンタメ

ビクターのマークとしてもお馴染の、蓄音器に耳を傾ける犬“ニッパー”。彼の記念日「ニッパーの日」が2月8日に制定されることになった。

ニッパーの日認定証 (okmusic UP's)

今回の記念日の制定は、ニッパーの原画にまつわる心温まるストーリーとビクターの目指す音楽の感動を未来に伝え残していくことを目的に、日本記念日協会認定の記念日として登録された。

ニッパーは、1884年にイギリスで誕生。背景画家マーク・バラウドの主人の元で育った。非常に賢い犬だったが、いつも訪れた人の脚を噛もうとしていたことから「Nipper(nip:噛む・挟む)」と名付けられたのだそうだ。やがて主人であるマークが亡くなり、その弟で画家のフランシス・バラウドに引き取られたニッパーは、ある日、家にあった蓄音器で生前に録音していたかつての主人の声を聞き、蓄音器の前で不思議そうに耳を傾け、懐かしい主人の声を聞き入ったという。

そのニッパーの健気な姿に心を打たれたフランシスが、その姿を絵に描き「His Master`s Voice」とタイトルを付けた。このストーリーに感銘を受けた円盤式蓄音器の発明者であるエミール・ベルリナーが、この名画を1900年に商標として登録。その後、その商標を引き継いだ米国ビクタートーキングマシーン社が1927年に日本法人「日本ビクター」(現:「JVCケンウッド」)を設立。 『最高の技術と品質の象徴』としてビクターの商品にこのマークが記されてきました。現在はビクターエンタテインメントのロゴマークやニッパーグッズを中心に広く親しまれている。

なお、昨年、生誕130周年のアニバーサリーイヤーを迎え、初代ニッパー大使として山崎あおいが就任。「ニッパーオフィシャルサイト」のオープンや記念商品の販売をスタートしているほか、3月14日に千葉・幕張メッセ国際展示場で開催されるビクターエンタテインメントが主催するロックフェス『ビクターロック祭り2015』には全長5mの巨大ニッパーバルーンも登場予定とのことなので、こちらもぜひ目撃してほしい。

■日本記念日協会
http://www.kinenbi.gr.jp

初代ニッパー大使「山崎あおい」コメント
記念日制定、おめでとうございます。 130年の時を経て、自分の記念日が遠く離れた日本で、しかもダジャレで制定されるなんてイギリスのニッパーくんは、夢にも思わなかったでしょうね。この先何年たっても2月8日は「〒(郵便マーク)の日」「ロカビリーの日」と並んで我らがニッパーの日となって初代大使としては、とても嬉しく思っています。今、我が家の玄関には二匹のニッパーが飾ってあり、帰宅するたびに出迎えてくれます。 大使として、そして一人のニッパーファンとして、ニッパーのこの可愛らしさを更に多くの人へ広げてゆけばと思います。そして、ニハチといえば、蕎麦よりもニッパーとなるようがんばります!

「ニッパー」×「アーティスト」
長年、多くのミュージシャンに愛されてきたニッパー。ビクター公式Facebookに、所属アーティストとニッパーの記念写真コーナーがアップされていますが、順次撮り下ろしカットを公開予定!

1 2 3次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会