ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

極端なハズレがないワインは●千円以上のもの

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 接待やデート、家飲みと、様々なシチュエーションで口にすることが多いワイン。しかし、お店で出てくるメニュー表を前に、一体どれを頼めばよいのか戸惑う方も多いかもしれません。

 本書『男と女のワイン術』は、「何百種と並ぶ陳列棚のなかから、自分の好みの味わいのワインを手に取れるようになる」ことを目的にした一冊。飲食店での料理に合わせたワインのオーダーの仕方からラベルの読み方まで、様々なケースに対応した、すぐにでも使えるワインの選び方を伝授してくれます。

 たとえば、スーパーやコンビニでワインを購入したい時。つい手をのばしがちなのは1000円しないものから、高くとも2000円程度までの値段のワインなのではないでしょうか。

 しかし、本書の著者の一人であり、銀座で「わいん厨房たるたる」を営む伊藤博之さんによると、ワインの味わいにもっとも差が生じ、同じ価格でも品質に大きく幅があるのは、まさにこの1000円から3000円という価格帯のものなのだとか。

 また、ワインの味わいにおいて大切なのは、「果実味」「辛口」「酸味」「渋味」という4つの要素なのだそうですが、1000円前後で、この4つの要素のうちの「辛口」と「渋味」の強いワイン—-辛口の白ワインや、渋味のしっかりとした赤ワインを買うことは難しいといいます。

「スーパーやコンビニの赤ワインは、一般的に渋味が強いといわれる品種のカベルネ・ソーヴィニヨンで造ったものだろうが、飲みやすい品種のメルローのものだろうが、酸味が強いとされる品種のピノ・ノワールのものだろうが、渋味はあまり感じないためとても飲みやすい」

 ワインの味わいに「辛口」と「渋味」を強く求める際には、いつもより価格の高いワインを選ぶ必要がありそうです。ちなみに、5000円から1万円程度のものになると、どれを飲んでも極端にハズレはなくおいしいとのこと。

 相手の好みに応じて、あるいは料理に応じて、最適なワインをさらりと選ぶことが出来れば、自身の株も上がるはず。本書を片手に、ときには辛口の白ワインや、渋味のしっかりとした赤ワインを堪能しながら、様々なワインを探してみてはいかがでしょうか。

■関連記事

カフェ通がオススメする京阪神の名喫茶店
福岡の焼き鳥屋がキャベツ無料食べ放題のナゾ はじまりは中洲だった?
「豚肉は中までしっかり火を通してから食べる」という常識は間違いだった!?

BOOKSTANDの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP