ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

バブル期の美人女子大生がアラフォーになって再び輝く痛快小説

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書評】『花の命は短くて…』越智月子/実業之日本社/1620円

【評者】内山はるか(SHIBUYA TSUTAYA)

 アラサー、アラフォーという言葉は「around30」「around40」の略で、30才前後、40才前後の人たちを指すことはご存じの通り。本作は3人のアラフォー女性の物語。お肌の曲がり角を数回曲がったと思われる43才の女性たちが、“人生、もうひと花”と踏ん張る姿がコミカルに描かれる、痛快なエンターテインメントです。

 真理恵、苑子、由美子は大学の同級生。バブル崩壊の頃、3人は大学のミスコンでミス、準ミスに選ばれます。その後、それぞれの道を歩んだ3人の人生が再び交錯、事件が起きます。

 …誰だって、若く綺麗でいたいと思うはず。アラフォー世代は老け込むには早すぎる、とってもデリケートなお年頃だと思います。気持ちとは裏腹に、引力に勝てる力は衰え、腰まわりの浮き袋のような脂肪は増えます。さまざまな体の異変に不安を覚え、嫌気がさしながらも、“自分へのご褒美”と甘いものに伸びる手を止められない。気がつけばキラキラ、ジャラジャラと光り物の手を借りてしまう。年を重ねるごとに、輝きとギラギラを履き違えてしまう!

〈三十五を過ぎたあたりから「もう」という気持ち、「まだ」という気持ちを使い分けている〉〈気持ちは昔のままなのに体は知らぬまに老いていた〉という苑子の気持ちが痛いほどわかります。身に染みるエピソードが盛り沢山で、リアルなアラフォー女性の姿がうかがえます。

 そして、彼女たちから発せられる小気味良い言葉の数々。とにかく口が達者な女たちの猛攻は、決してドロドロではなく痛快です。物語の3人のような花を咲かせられるなら、年をとるのも悪くない!

※女性セブン2015年2月19日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
オヤジ化するアラフォー女を分析した書 地雷ワードも紹介
「中年を過ぎると元美人ほどイタい人が多い」と55才主婦嘆く
男の影ないアラサー娘に家族 「女の歓び知らず申し訳ない」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP