ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

80年代男児に大人気だった多機能筆箱 持ち込み禁止の学校も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 文具は、いつの時代も子供たちの「憧れ」だが、心を躍らせた文具は世代によってガラリと変わる。

 1980年代は、文具がもっともカラフルになった時代といえる。1990年代以降に入るとワープロやパソコンに押され気味となるが、この時代は大人もシステム手帳が必需品で、最後の手書き時代。

 時代を代表するのが『TEAM-DEMI』(1984年発売)。ハサミ、ホッチキス、カッターなどの小型文具7点を手の平サイズのケースに収めたキットは大人にも大人気で、OLがデスクに常備している姿もよく見られた。

「ゴルフコンペの景品で当たったと思ったら、コピー商品でガッカリした経験がある」(50歳会社員)

 この分野には玩具会社も参入。バンダイ『カードマニア』は、コンパクトなカードに、ハサミ、コンパス、カッターなど複数の機能が一体になっており、最終的にはロボットに変形してしまう。この遊び心はさすがである。

「多機能」の波は、子供たちにも波及した。「多機能筆箱」「多面式マチック筆入」などとして知られる筆箱が、小学生男子を中心に大ブームとなる。

 F1やスーパーカーなどがデザインされた筆箱は、4つ以上のポケットを備え、ハサミや定規、消しゴムなどを別々に収納できた。これら多機能筆箱のブーム過熱によって「持ち込み禁止」という措置をとる学校も出てくるほどだった。

 その反動もあって、一躍主流になったのがシンプルで安価な「缶ペンケース」である。当時は街中にファンシーショップがあふれ、サンリオの「けろけろけろっぴ」「みんなのたあ坊」などキャラクターをあしらった文具が多数登場した。

※週刊ポスト2015年2月13日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
60年代の人気文具『アーム筆入』 頑丈が売りだが壊れた人も
スーパーカー消しゴム 教師持込禁止も生徒は「文具だ」と反論
高機能デジカメ 機能開発費かさみ利益出すの難しいと販売店

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。