体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

くるり、『THE PIER LIVE』プレミアム上映会を全国8会場で開催

くるりのライヴDVD&Blu-ray『THE RECORDING』の発売を記念して、『くるり「THE PIER LIVE」プレミアム上映会』と題した上映会の開催が決定した。

『THE PIER LIVE』より (okmusic UP's)

くるりは、昨年9月にニューアルバム『THE PIER』をリリース。彼らの新たな代表作となった本作のリリースを受けて行われた『くるりワンマンライブツアー2014~「金の玉、ふたつ~」』は、アルバムの世界に通ずる“音楽の旅”をコンセプトとし、緻密な音・アレンジメントはもちろん、その圧倒的なパフォーマンスで、くるり史上最高のツアーと絶賛された。

ライヴDVD&Blu-ray『THE RECORDING』は、昨年11月11日の東京・中野サンプラザ公演の模様を収録した作品で、3月18日に発売。その発売に先駆けて、関東・中部・関西・北海道・九州の全国8劇場にて一夜限りの上映会が3月13日(金)に行われることになった。

多くのファンを感動させたライヴの映像を、映画館の大スクリーン&大音響で、ぜひ体感してほしい。

『くるり「THE PIER LIVE」プレミアム上映会』
くるりワンマンライヴツアー2014「金の玉、ふたつ」の東京公演の模様を収録したライヴ映像を上映!

日時:3月13日(金) 19:30開映  
※各会場1回限りの上映です。

会場:
関東 新宿ピカデリー / TOHOシネマズ日本橋 / 109シネマズ川崎
中部 109シネマズ名古屋
関西 TOHOシネマズ梅田 / TOHOシネマズ二条
北海道 ユナイテッド・シネマ札幌
九州 ユナイテッド・シネマキャナルシティ13(全国8劇場)

チケット:2,300円(税込み)全席指定 

発売方法:
(1)くるり公式ファンクラブ「純情息子」先行発売: https://note.mu/quruli
※「純情息子」会員限定となります。
※チケットはファンクラブサイトでの抽選エントリー受付になります。
・抽選エントリー受付:2015年2月6日(金)11:00~2月12日(木)11:00
・当選発表・チケット引換開始:2015年2月20日(金)夜~

(2)一般先行発売:
※チケットはWEBでの抽選エントリー受付になります。
・抽選エントリー受付:2015年2月13日(金)11:00~2月27日(金)11:00
・当選発表・チケット引換開始:2015年2月27日(金)夜~
購入の際は、以下のチケットぴあのサイトにアクセスしてください。
チケットぴあ http://pia.jp/t/quruli-mv/ ※PC・モバイル共通
※当選者が座席数に満たない場合は、チケットぴあにて先着発売を行います。詳細は後日アップします。

チケット予約・購入についてのお問い合わせ:
チケットぴあインフォメーション 0570-02-9111
〈24時間対応。オペレーター対応は10:00~18:00 ※毎週(火)、(水)2:30~5:30はシステムメンテナンスのため受付休止。〉

DVD&Blu-ray『THE RECORDING』
今年7月にNHK-BSプレミアムでオンエアされた番組「THE RECORDING」のパッケージ化。収録スタジオには無数のマイクと機材、楽器があるだけ。やり直しのきかない「一発録り」という条件のもと、その呼吸までも聞こえてきそうな張りつめた空間でのライブレコーディングを敢行、ショーアップされた従来の歌番組とは対極にあるこの番組は放送当時、大きな反響を呼んだ。オリジナルメンバーである森信行とのセッションによる「東京」や、原曲のレコーディングにも参加したフルカワミキ(ex.スーパーカー)とのテレビでの初の共演となる「ばらの花」、そしてサポートメンバーはもちろん、管楽器、ストリングス、コーラスも加わった総勢13名に及ぶミュージシャンによる「Jubilee」「ブレーメン」など数々の名曲に加え、アルバム「THE PIER」のリード楽曲「Liberty&Gravity」がTVで初めてパフォーマンスされた。今回のパッケージ化にあたり、番組オンエア時には放送されなかった「Morning Paper」を追加収録、さらに副音声ではメンバーのオーディオコメンタリーも収録され、音楽ファンだけでなく、プレイヤー必見と呼べる作品。

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。