ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

USEN、ストレスチェック義務化でメンタルヘルス対策支援ASPサービスを販売開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

昨年6月に衆議院本会議で可決・成立した労働安全衛生法の改正に伴い、従業員50人以上の事業場に対してストレスチェックや医師による面談などが義務付けられる。USENはこの改正を受け、メンタルヘルス対策に向けたASPサービス「こころの保健室」の提供を2月5日より開始する。

「こころの保健室」では、インターネット上に、メンタルヘルスに特化した自社専用のポータルサイトを構築。厚生労働省の指針や法令に沿った、ストレスチェック・疲労度チェックや、坂元 薫教授(東京女子医科大学病院)が監修した学習プログラムが含まれており、総合的なメンタルヘルス対策を推進することができる。

同サービスは、企業の規模や予算に応じてカスタマイズすることが可能。社員それぞれにIDが割り当てられ、ストレスチェックの実施状況や、アクセス状況も一元管理することがきるので、運用負担の軽減も期待できる。

年額費用は、1IDにつき1,800円。インターネット環境があれば導入することができ、PC、スマホ、タブレットのマルチデバイスに対応している。

また、同社が2013年より提供しているオフィス向け音楽放送サービス「Sound Design for OFFICE〜働く人のメンタルバランス・ミュージック〜」とあわせて提案することも検討されている。初年度は、100社・3万IDの導入、1億5千万円の売上を目指す。

関連記事:法改正で注目を集める「オフィス向け音楽」サービス、USENが有識者のコラム公開

USEN代表取締役社長 田村公正氏「サービスを介して日本全国の企業、従業員に貢献したい」

東京女子医科大学病院 坂元薫教授「精神科の病気はセルフケアで予防することが重要。音楽で心を治療する、予防する取り組みに大変期待している」

こころの保健室
http://kokoro-mental.com/

関連リンク

こころの保健室
Sound Design for OFFICE
USEN

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP