ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【さっぽろ雪まつりレポート】歩きたばこはダメ! ってことで喫煙所に行ったら“モヒカン”にされた話

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


2月5日(木)~11日(水・祝)の期間で開催されている『第66回さっぽろ雪まつり』。全部で200体を越える雪氷像のほかにも、企業による出展ブースがさまざま立ち並んでいます。

寒い冬の北海道ですから、こまめに休憩をとりながらゆっくり楽しむのが雪まつりの鉄則。中には飲食が可能な休憩所や、コタツを完備しているスポットまであります。そんな中、ふらっと立ち寄った喫煙所がちょっとぶっ飛んでいたのでご紹介します。

※すべての画像が表示されない場合はコチラのURLからご覧ください。
http://getnews.jp/archives/805030

『マールボロ』新製品をサンプリング


大通西8丁目エリアにあるスモーキングラウンジ。オレンジとブルーのドームが目印です。



ラウンジ内では、世界初のテイスト“エキゾチックフレッシュ”をうたった『マールボロ フュージョン ブラスト』のサンプリングを行っていました。


昨年12月に発売となったこちらの製品の特徴は、2種類のフレーバーカプセルを搭載したこと。実際に製品を見てみると、カプセルの入っている部分が分かりやすくイラストで描かれています。


エキゾチックテイストの“ミックスボール”と、メンソールのクールな清涼感が楽しめる“アイスボール”のダブルカプセルによって、今まで感じたことのない感覚が得られるとのこと。

実際に初めて『マールボロ フュージョン ブラスト』を体験した喫煙者の方々に感想を聞いてみたところ、「2つのカプセルを潰すことで、今まで体験したことのないテイストが楽しめるのが面白い」「1本でいろいろなテイストが楽しめていい」「華やかな香りが好み」など、初めての味わいにみなさん満足している様子でした。新しいテイストを楽しめるということで、いつも吸っているものとはちょっと違うたばこを試してみたいという人には特にオススメです。

ヘアスタイリング体験もできる! ただし身をゆだねる決断を……


ラウンジ内ではさらに、とある“決断”をすると特製のプレゼントがもらえると聞いた筆者。詳しい内容を聞いてみると、札幌市内の美容院に勤めるカリスマ美容師に“ヘアスタイリング”をしてもらうだけ(!)とのこと。タダで髪を切ってもらえてお土産までいただけるとは、そんなの考えるまでもなく“即決”です!


……が! 要注意事項を補足しておくと、好みのヘアスタイルを伝えることは一切できません。カリスマ美容師が気の赴くままに下した“決断”に身をゆだねるしかないのです。

少しも躊躇(ちゅうちょ)することなく、さっそくバリカンを手にするカリスマ美容師。この時点で、カットされている側は鏡を見ることができないので不安でいっぱいです。「ヤバいっす」「楽しいっす」という美容師らしからぬ発言が、よりいっそうドキドキ感を増してくれます。しかし、男の決断に二言はないのです。


10分ほどすると、未だかつて体験したこともないような“モヒカン”ヘアが完成。意外とイメチェンとしてはアリじゃね? と満足したのもつかの間、本番はまだまだここからでした。


おもむろにカラースプレーを手にし、モヒカン部分を赤く染め上げるカリスマ美容師。エ、エキゾチック……。


逆サイドはブルーですか!? クールだぜ……。ちなみに、筆者はラウンジ内の一段高くなったステージでカットされているわけですが、その間ずっとカットの様子を実況されるという羞恥プレーのおまけ付きでした。周りの観光客にはガンガン写メを撮られていましたよ。まぁ、決断の結果なので仕方がありませんね。


赤と青に染め分けた“モヒカン”ヘアで、このあと札幌市内を練り歩くことになると気付いたのはもう少し先の話。


事前に聞いていた通り、お土産にオリジナルデザインのTシャツをゲットしました。



『マールボロ』のコピーメッセージの文字が1文字ずつプリントされたTシャツ。全種類集めたい! と思うほどイカしたデザインが並んでいましたが、最終的には丸坊主になりかねないので諦めました。

ちなみに、ヘアスタイリング体験に参加しなくても、「『マールボロ フュージョン ブラスト』のサンプリングを体験する」「トランポリンを使った記念写真を撮影する」など、ラウンジ内で用意されているほかの決断を実行することでもTシャツはゲットできちゃうとのこと。マ、マジかよ……!

みなさんは、どんな決断を選択しますか? 雪まつり観光の休憩の際には、ぜひ立ち寄ってみてください。

フィリップ・モリス ジャパン『マールボロ』紹介ページ:
https://secu.marlboro.jp/
※閲覧には会員登録が必要です。

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。