ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

魔界少女拳の新感覚エンタメショー「魔界錬闘会」2015年シリーズが豪快に開幕!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

1月31日、新木場1stRINGにて魔界少女拳が新しいライブの形として2014年に立ち上げ、音楽・演劇・格闘と様々な要素がこれでもかと詰まったエンタメショー「魔界錬闘会」の2015年シリーズが幕を開けた。

1月31日@新木場1stRING (okmusic UP's)

毎回、役者・ミュージシャン・プロレスラーといった様々な顔ぶれが並ぶショーで、この日の出演者の中には、AKIRA、西村修などプロレス業界でも名だたる選手が出演ということもあり、チケットは早々に完売。急遽立ち見席を追加するなどし、会場は観客で溢れかえっていた。

今回、このショーに7弦&8弦ギタリストのISAOと地獄カルテットの小林信一が音楽ゲストで登場。ISAOは自身のソロプロジェクト「Spark7」に収録されている「Cricket Chorus」と「The Dancing Witch」を披露し、小林信一も自身のアルバム「ネクタイ地獄」より「ツクスイミ」を披露。「The Dancing Witch」はISAO楽曲の中でも相当なテクニカル曲。今回プロデューサーの眞邊からこの曲を演奏して欲しいと依頼を受けたときには「正直、きたか…と思った」とISAOは言う。貴重な「The Dancing Witch」の生演奏で会場は興奮の中、ショーの中盤ではISAO、小林の2人による白熱したギターテクニックバトルが繰り広げられるなど目まぐるしく音が溢れる展開を見せた。

この魔界錬闘会は、今年もこの1月31日を皮切りに毎月1回、連続ストーリー仕立てでショーを行なう。ISAO、小林の狂気を帯びた演奏は、次回2月27日(金)の19時から開催される「第十回魔界錬闘会〜魔界謀略〜」でも鳴り響く予定だ。

1月31日@新木場1stRING (okmusic UP's) 1月31日@新木場1stRING (okmusic UP's) 1月31日@新木場1stRING (okmusic UP's)

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
魔界少女拳 オフィシャルHP
魔界少女拳、新年一発目の「魔界錬闘会」は多方面からのゲストが主演

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。