ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

背番号16のユニフォームをクラブが大切に保管している理由は?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


昨年の10月下旬、イタリア・セリエAのローマ対サンブドリアの試合で、ローマの選手たちがプリントTシャツを身につけ入場した。選手たちのTシャツにプリントされていたのは、ローマのファンだったステーファノ・デ・アミーチスさんと息子のクリスティアーノくん。2人はローマのファンで、本拠地ローマで開催されたバイエルン戦を観戦に来ていたが、その試合が終わり、家へ帰る途中に、2人は交通事故で亡くなってしまった。その悲劇を知ったローマが、対サンブドリアの試合に、残された奥さんと娘さんを招待し、さらに亡くなった2人に哀悼の意を捧げるべくプリントTシャツを着用して入場した。このローマのはからいに、ネット上では多くの感動の声が寄せられ、話題となった。
この他にも、サッカーが盛んなヨーロッパでは、数々の感動エピソードが残っている。イタリア・セリエAにも負けないくらいスター選手が多く、強豪クラブがひしめき合う、スペイン・リーガエスパニョーラ。
セビージャの背番号16は、今でもクラブが大切に保管している。その理由をみなさんはご存知だろうか?
2008年5月13日発売の「サッカーマガジン」によると、2007年8月、リーガエスパニョ-ラの「セビージャ」対「ヘタフェ」戦。セビージャのアントニオ・プエルタ(スペイン代表)は、突然ピッチに倒れた。プエルタは、歩いてピッチを出たが、その後に心配機能が停止して3日後に亡くなった。そのプエルタが背負っていた番号が16で、プエルタの背負っていた16番のユニフォームは、2ヵ月後に生まれた息子アイトールくんが将来着られるよう、クラブが大切に保管しているとのこと。

(written by けいぼう)

【Nicheee!編集部のイチオシ】これを知ってりゃ“通”ぶれる!?W杯のトリビア祭り
ヤマザキナビスコ社のお菓子でほんものの「ナビスコカップ」を作ってみた
【EU旅レポ】サッカーファン&1人旅にもオススメ スペインの本場「スポーツカフェ」

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP