ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大事なのは人間性!? 一人暮らしって何歳からしていいの?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

マンガやドラマなど、主にフィクションの作品でよく見られる、高校生や中学生の一人暮らし。現実ではあまり見られないケースだけに、「そんなに若いうちから簡単に部屋を借りられるものなの?」とギモンに思ったことがあるかもしれない。

世間的には、大学進学や社会人デビューを機にはじめる人が大半のようなのだが……?

そもそも、「○歳以上でないと部屋を借りられない」といった“年齢制限”はないのだろうか? CHINTAIメディアグループの佐野夕祈さんに話を聞いた。

「基本的に年齢制限はありません。未成年の場合は親権者やそれに代わる後見人の承認が必須で、居住地も親権者・後見人が決めることになっていますが、それ以外の制約は基本的にありませんよ」

ちなみに、未成年でも既婚者であれば成人と同じ扱いになり、親権者の承認が不要になるとのことだ。思っていた以上に寛容な印象だが……そのぶん、契約前の審査が重要視されるという。ともあれ、審査をパスできれば、若くして自立した生活を送ることが可能に。

「ただ、未成年の一人暮らしは成人の一人暮らし以上に、防犯意識を高める必要があります。とくに空き巣にはくれぐれも注意してください。何階に住んでいたとしても、しっかり施錠するのはもちろん、家までの夜道では周囲に目を配り怪しい人がついてきていないか確認しましょう。また女性は、『あの部屋には女の子が住んでいる』と外から一見して分からないように、カーテンの外側にもう1枚レースカーテンを取り付けたり、服や下着などの洗濯ものは部屋干しにするなどの工夫をしましょう。マンションのエレベーターを利用する際も、見知らぬ人と2人で乗らないようにタイミングをずらすなどの注意をしましょう。

若いうちから一人暮らしをしたいのであれば、それなりの人間性と危機管理能力が必要、ということだろうか。「一人暮らししたいなあ」とぼんやり考えている中高生のみなさんは、ぜひ参考にしてみて欲しい。

(松本まゆげ+ノオト)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
CHINTAI情報局の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP