ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Interview】ついに登場!次世代型マーケティングソリューション「ロボットスタート広告」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

鉄腕アトムやドラえもんに胸躍らせていた頃、ロボットと人間が共存する社会は、実際にはまだまだ夢の話だった。

その夢が、現実だと認識させてくれたのがASIMOであり、さらに身近な存在として、Pepperが登場する。ロボットが、私たちの暮らしに当たり前のように溶け込むのも、そう遠い未来のことではなくなってきた。

経済産業省は、「日本のロボット産業の足元市場規模推計」において、国内のロボット市場が、2035年には9.7兆円に成長すると予測。今後、ますます成長が見込まれるロボットは、日常生活のみならず、マーケティングの分野でも、活用が期待されている。

その先陣を切るかのように登場したのが、「ロボットスタート広告」だ。ロボットの急速な普及とロボットユーザーの拡大、アプリ開発者に対する利益還元を踏まえて考案。ロボットアプリケーションに広告配信SDKを組み込み、ユーザーに無料で利用させながら、センサーを駆使して、適切なタイミング・シチュエーションで広告表現を行うという、まったく新しいマーケティングサービスである。

広告メディアの新たな可能性に挑戦するのは、昨年始動したばかりの企業、ロボットスタート。その準備を前に、大忙しの同社取締役副社長、北構 武憲(きたがまえ たけのり)氏から、お話を伺った。

Pepper登場を機にロボット事業の可能性を実感

Q1、まずは、今回のサービスを提供するに至ったきっかけと経緯について、お聞かせください。

昨年、2014年6月5日に、ソフトバンクの孫さんによる、pepper初披露(ロボット事業への参入)の記者会見を見たのがきっかけです。

そこから俄然、ロボットへの興味が強くなってきたのですが、決定打は、「Pepper Tech Festival 2014」に出席したことでした。イベントで実機のPepperを見て、今後ロボットは一般化していくと改めて実感し、ロボットに関する事業をやろうと、そのとき創業メンバーで決意したのです。

元々創業メンバーは、アドテクノロジーの企画開発にも、携わっておりました。「ロボット広告」という、新しい分野にチャレンジすることになったのは、そのためです。

Q2、ロボット広告サービスの拡大をめざすにあたり、他の媒体同様、広告ガイドラインを設けるとのことですが、これからどのようにして、基準を定めていかれるのでしょうか。

今後ロボットは、主に家庭、オフィス、店舗等への導入が増加すると、私たちはイメージしております。

家庭においては、お子さまからお年寄りまで、幅広い年齢層が広告を見る可能性があり、オフィスや店舗の場合は、不特定多数の人々の接触が想定されます。これら幅広い利用シーンを考慮し、慎重にガイドラインを固めていきたい、と考えております。

多彩な表現で広告展開。ロボット普及に向けてサービスを日々進化

Q3、広告は、どのような形で配信されるのでしょうか。

現時点で、実際に想定している広告配信イメージは、写真の通りです。

スタート当初は、指定キーワードをユーザーが発言したときに、身振り手振りを交えてしゃべる「ロボット音声連動広告」、ロボットのアプリ起動時と終了時に、特定のタイミングで身振り手振りしながら話す「ロボットインタースティシャル広告」、ロボットの画面を使っていないアプリを対象に、特定の画像を表示させる「ロボットディスプレイ広告」の、3商品から行う予定です。

その後はアプリ開発者・広告代理店・広告主のニーズを吸い上げ、日々広告商品を進化させていきたい、と思っております。

Q4、ロボット広告サービスをどのように育てていきたい、とお考えですか?未来への展望についてお聞かせください。

私たちの創業ビジョンは、「ロボットの普及を通じて、人類の発展に貢献する」です。ロボットアプリ開発者を支援しつつ、ロボットの発展とともに、私たちの広告サービスを成長させるよう、頑張りたいと思います。

当社の広告サービスで、アプリ開発が活発になり、結果的にロボットの普及に弾みがつくお手伝いができれば、これほどうれしいことはありません。

ロボットスタート広告

Techable(テッカブル) -海外・国内のネットベンチャー系ニュースサイト
カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP