ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SB松坂の再生役 指導者に名投手が集結して「船頭だらけ」に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2月1日、プロ野球12球団が一斉にキャンプインしたが、ソフトバンクでは3指導者による「バトル」が起きそうだ。

 ソフトバンクは工藤公康新監督のもと日本一連覇を狙い、メジャー帰りの松坂大輔を補強した。

 とはいえ、メジャーで燻っていた“元怪物”が活躍できるかは未知数だ。再生役となる投手コーチの責任は重いが、今年のソフトバンクにはかつての名投手が指導者として集結して“船頭”だらけになっている。

 まずは200勝投手で「理論派」の工藤監督。そして投手コーチには佐藤義則氏と吉井理人氏がいる。

 佐藤コーチはダルビッシュ有と田中将大を育て上げた名伯楽で、吉井コーチも日本ハムの黄金時代を築いた実績がある。

「問題は誰が松坂を再生するか。それぞれが一家言あるだけに、意見が合わなかった時が危険。

 当面は現場担当の吉井コーチが松坂を見ることになりそうですが、そもそも松坂が復活できない可能性があるだけに、功名争いが責任のなすり合いになるかもしれない」(ソフトバンク番記者)

 松坂には王貞治会長が「絶対やってくれる」と大きな期待をかけているだけにプレッシャーがかかる。

※週刊ポスト2015年2月13日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
日本屈指の投手コーチW獲得 ソフトバンク「アリババ補強」
松坂大輔がソフトバンクを選んだ理由 2人の女房と200勝達成
日本球界に復帰の松坂大輔 8勝前後、打線の援護で2桁の予想

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。