ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中村獅童の新妻 入籍前から「梨園の妻」として獅童を支える

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「ずいぶん前から知ってましたが…おいらも嬉しい」──。親友・中村獅童(42才)が約5年間の交際を実らせて元OLの沙織さん(31才)と再婚を発表すると市川海老蔵(37才)は自身のブログで、こう祝福した。

 2月1日に会見した獅童は新妻に対して、「よく5年間待ってくれたと思うし、お互いの信頼関係も深まった」と感謝の思いを口にした。

 ふたりの交際が発覚したのは2011年1月。その後、何度も“結婚間近”と伝えられてきたが、なかなかゴールインには至らなかった。

「獅童さん、本当は2年ぐらい前に彼女と籍を入れるつもりでした。だけど、2012年12月に恩人の中村勘三郎さん(享年57)が亡くなると“勘三郎さんの一周忌が終わるまでは慶事は控えたい”と結婚を先延ばしにしたんです。いざ喪が明け、結婚へと準備を始めようとした矢先、今度は母親の小川陽子さん(享年73)が急死してしまい、再び結婚を延期せざるを得なくなったんです」(歌舞伎関係者)

 こうした理由も知っていたからこそ、海老蔵もわがことのように喜んだのだろう。

「沙織さんは“朗らかで(獅童に)ぴったり”と生前の陽子さんも太鼓判を押していたお嫁さんで、陽子さんが亡くなってからは、籍は入っていなかったものの、“梨園の妻”として劇場のロビーに立ち、獅童さんを支えていたんです」(前出・歌舞伎関係者)

※女性セブン2015年2月19日号
亡き母も太鼓判を押していた獅童の妻


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
獅童の母 息子の不祥事でひいき筋に何度も頭下げ詫び手紙も
中村獅童の母 歌舞伎役者目指し大学中退の息子を後押しした
元葉山エレーヌ 「石田みゆき」へ改名願うも局員制止で断念

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。