ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本最大級のキッズ向けゲーム&ホビーの祭典「次世代ワールドホビーフェア ’15 Winter 東京大会」レポート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『妖怪ウォッチ』専用ステージの様子

日本最大級のキッズ向けゲーム&ホビーの祭典「次世代ワールドホビーフェア ’15 Winter 東京大会」が24、25日の2日間に渡り、千葉県の幕張メッセで行われた。

昨年に爆発的なブームを起こした『妖怪ウォッチ』の人気を反映してか、会場には同作専用のステージが設置され、ゲームの紹介や、スペシャルステージを開催。アニメ・ゲームのOP&EDを生で聴くことができるということで、来場した子供達が楽しそうに一緒に踊る光景も見られた。商品展示でもバンダイ、バンプレスト、ショウワノート、エンスカイなどの各メーカーが妖怪ウォッチに関わる商品を大きなスペースを割いて紹介するなど、今年に入ってもブームが衰える気配はなさそうだ。

ゲーム関連では、任天堂の据え置きゲーム機「Wii U」と連動してゲームを盛り上げる「NFCフィギュア」という商品が大きな注目を集めており、任天堂を始め、各メーカーが新商品の展示やイベント限定配布を行っていた。同商品を利用したゲーム展開を行っている、バンダイナムコゲームス『仮面ライダー サモンライド!』のブース担当者はその魅力を「フィギュアのチップにデータが蓄積されるので、フィギュアを持って友達の家で、自分だけのライダーを使って遊ぶことが出来ます」と語った。

女児向けのアーケードゲームでは、現在女児向けアイドル作品の2大コンテンツとなっている『アイカツ!』(バンダイ)、『プリパラ』(タカラトミーアーツ)が、ステージイベントなどで大きな人だかりを作っていた。また、この分野に新参戦するコナミは、今回『オトカ(ハート)ドール』というゲームの大規模な出展を行っていた。本格的な可動開始時期は今年の春頃になるとのことだ。

バンプレストの『妖怪ウィッチ』関連クレーンゲーム景品

バンダイ 妖怪Pad

バンダイ 妖怪ウィッチプラモデルシリーズ

バンダイ プラモデル BIGり! ジバニャン

バンダイ DX妖怪ウォッチ

バンダイ 妖怪ソフビシリーズ

『藤子・F・不二雄キャラクターズ 大集合!SFドタバタパーティー』の試遊風景

『藤子・F・不二雄キャラクターズ 大集合!SFドタバタパーティー』での配布用記念品

バンダイナムコゲームス『仮面ライダーサモンライド!』の試遊風景

『仮面ライダーサモンライド!』用の、NFCチップ搭載ライドフィギュア

任天堂 ポケットモンスターバトルコーナー

バンプレスト クレーンゲーム景品用『ポケットモンスター』ピカチュウ クッション

ガンホー・オンライン・エンターテイメント 「PUZZLE & DRAGONS SUPER MARIO BROS. EDITION」ブース

バンダイ『アイカツ!』ブース

コナミ『オトカ(ハート)ドール』ブース

『オトカ(ハート)ドール』ゲーム映像

バンダイ HGBF ベアッガイF(ファミリー)

バンダイ HGBF Hi-νガンダムブレイブ

任天堂 amiibo(アミーボ)フィギュア

▼リンク
次世代ワールドホビーフェア ’15 Winter
http://www.whobby.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
YATTAR JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP