ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大河『花燃ゆ』地元で自民の大物が低視聴率を指摘しNHK激怒

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 NHK大河ドラマ『花燃ゆ』が1月25日放送の第4話も視聴率14.4%(関東地区)と低空飛行を続ける中、萩市中央公園で1月24日、井上真央演じる主人公・文の最初の夫である幕末志士・久坂玄瑞の銅像の除幕式が行なわれた。
 
「建立は昨年5月に決まりました。大河放送に合わせたもので、ドラマで準主役級になっていなければ別の志士の銅像になっていたでしょう」(地元記者)
 
 大河人気による集客を当て込んだ銅像だけに、除幕式には野村興兒・萩市長に加え、『花燃ゆ』のNHKチーフプロデューサー、玄瑞を演じる俳優・東出昌大が駆けつけた。その除幕式で場を凍らせたのが、地元選出代議士の河村建夫・元官房長官だった。
 
「挨拶に立つと、NHKのチーフプロデューサーの目の前で『ドラマは視聴率が低迷しているみたいですが、頑張ってもらいたい』といきなり言い出した」(出席した萩市関係者)
 
 本誌既報の通り、『花燃ゆ』にはNHK側が安倍首相の地元である山口を舞台にしようと動き回った形跡がある(1月30日号)。そのドラマが低視聴率に喘いで苦境のNHKに追い撃ちを掛けた格好だ。
 
「河村さんは発破を掛けるつもりなのか、『この銅像の完成は安倍総理も喜んでいると思います。週明けに上京するので、総理にお伝えしたい』とわざわざ総理の名前を出した。人気俳優まで連れてきたNHK側は面目丸潰れで、怒りを隠せないようでした」(同前)
 
 除幕式を取り仕切った萩まちじゅう博物館銅像建立委員会事務局は「河村氏の視聴率の話で場が和んだ」と説明するが、ドラマが苦境を脱しない限り、NHKの針のむしろは続く。

※週刊ポスト2015年2月13日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
龍馬、武蔵…他 「銅像巡礼」の醍醐味を歴史好き写真家語る
『八重の桜』挽回へ綾瀬はるかが会津のグルメ食べよとの提言
信玄(甲斐)と謙信(越後)の2人の銅像が建つのは何県か?

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。