ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

プロ野球は選手だけでなく審判団もキャンプイン 発声練習も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2月1日、プロ野球12球団が一斉にキャンプインした。あまり知られていないが、2月1日には選手だけでなく審判もキャンプインした。

「球団に帯同し、ブルペンに入って投手の生きた球を見て、ストライクゾーンの確認をする。新人投手が投げるときなどは、球を見るために一気に複数の審判がジャッジすることもあります」(元パ・リーグ審判部長の前川芳男氏)

 審判がキャンプで鍛えるのは判定に加えて「声」だ。

「キャンプ地の海辺に行って、先輩のチェックのもと発声練習することもある。もちろんアクションつき。最初は恥ずかしいが、チェックする側になると楽しいらしい(笑い)」(NPB関係者)

※週刊ポスト2015年2月13日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
【超難解「野球ルール」クイズ】 投手が故意に球蹴ったら?
【難解「野球ルール」クイズ】 マウンドでハンカチは違反?
【超難解「野球ルール」クイズ】 振らなくても振り逃げか?

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP