ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

犬用「むだ吠え防止首輪」 その仕組みと効果を専門家が検証

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 かつて犬は吠えるものと誰もが受けとめていたが、最近では吠え声がご近所トラブルのもとになることも。犬の飼い方の基礎知識や生態などを分かりやすく解説した『イヌのホンネ』(小学館新書)著者で、犬のしつけ教室・Can! Do! Pet Dog Schoolで科学的な理論に基づく犬のしつけを指導する西川文二氏が、むだ吠え防止の首輪の効果について検証する。

 * * *
 節分ですな。昔はご近所そこかしこから「鬼は~外~」、「福は~内ぃ」、なんて大声が聞こえてきた。外といえば、犬も外でしたな。

 時代は変わり「犬は~内ぃ」に。外飼いの犬が減ったことで、困ったことが。それは、犬の吠え声への我々の許容度が低くなっちゃったってこと。そう、今やちょっとした吠え声が苦情の元となる。

 で、ときどき尋ねられる。吠えると振動する、犬が苦手なニオイのガスが噴出される、ってな“むだ吠え防止の首輪”があるけど効果のほどは、ってね。

 そもそも犬が吠えるのは、その行動の結果嫌なことがなくなってるか、いいことが起きてるか、のどちらか。前者は追っ払い吠え、後者は要求吠えが、その代表。

 追っ払い吠えは、追っ払ってる対象に慣らすのが王道。嫌なことをなくす行動に対して、もっと嫌なことを起こしてその行動を封じ込めようというのは、「敵前逃亡は銃殺刑」、恐怖で相手を支配する手法と同じ。人間ならPTSD的症状を見せるかも、ってな精神状態に犬を追い込むこととなる。

 要求吠えは、無視する。一方で、要求が満たせる好ましい行動を教える。無視する代わりに嫌なことを起こすって手もなくはないけど、好ましい行動を教えなければ、問題の真の解決には至らない。

 中には振動もニオイもへっちゃら、なんて犬もいる。反応しない程度に弱く吠える、そんなテクニックを身につけちゃう犬もいる。

 ニオイのタイプに対しては、充填(じゅうてん)されてるニオイのガスがなくなるまで吠え続けるなんて、強者も出てくる。

 装置を試すだけじゃ不十分、しつけのプロへの相談も欠かせない、まっそう理解することですな。

 そういえば、「鬼はぁ外~」の、大声、苦情になるから最近は耳にしなくなったのかしらん。そうであれば、なんとも寂しい世の中になっちまったもんですわな。

※週刊ポスト2015年2月13日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ドアホンの音に反応して吠え続ける犬をおとなしくさせる方法
犬のしつけ指導者が基本的な4つのしつけ学習パターンを語る
犬の世界に「倍返し」起きない 因果関係を理解できないため

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP