ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

AKIRAの大友克洋が原画、風神・雷神を描い巨大なパブリックアート壁画がついに完成!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Japaaanでも去年の9月にお伝えした、大友克洋さんの原画をもとにした巨大な陶板レリーフ製作プロジェクト。このプロジェクトは東日本大震災から4年を迎える宮城県の仙台空港に飾られる予定になっています。

そしてこのほど巨大な陶板レリーフが完成したそうです。大友克洋さんの原画をもとにした陶板レリーフを製作したのは熱海のクレアーレ熱海ゆがわら工房さん。

仙台空港に復興レリーフ 大友克洋さんが原画、3月公開:朝日新聞デジタル
このレリーフのサイズは幅 約8.7m、高さ 約2.8m。人の大きさと比べてもとっても大きいことがわかりますね。12トンの粘土を使用して451ものパーツに切り分けて焼き上げられたそうです。

作品は鯉にまたがった童子が真ん中に描かれ、左右には風神雷神を従えているもの。大友克洋さんの原画はこちら。

このレリーフは3月12日から仙台空港ターミナルビル1階にてお披露目となります。

via: 仙台空港に復興レリーフ 大友克洋さんが原画、3月公開:朝日新聞デジタル

関連記事リンク(外部サイト)

国立競技場の壁画が予算不足で保存できない可能性??
大友克洋の火要鎮も上映!文化庁メディア芸術祭が2月13日から開催
キタッ!AKIRAの大友克洋による童子、風神、雷神を描いた原画が巨大壁画に!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。