ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

salyu×salyuが豪の祭典で進化系ライブを披露、6月に台湾でのSalyuライブが決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ボーカリストのSalyuとCornelius・小山田圭吾によるプロジェクト salyu×salyu(サリュ バイ サリュ)が23日にオーストラリア・シドニーで開催されている芸術の祭典“シドニー・フェスティバル2015”に出演し、街の中心地・ハイドパーク内に設けられた野外ステージでライブを披露した。

これまでSalyuを含めて4人でのコーラスワークで魅せてきたsalyu×salyuだが、今回はSalyuがループマシーンやシンセサイザーなど複数の機材を駆使し自信の声を重ね合わせながら、コーラスのヤマグチヒロコ、ギター・小山田圭吾(Cornelius)、ベース&ミニムーグ・大野由美子(Buffalo Daughter)、ドラムス・ASA-CHANGというメンバーでさらに進化したパフォーマンスをみせた。

ハイドパーク中心部が屋台村のフェスティバル・ビレッジとなり多くの観客が集まるが、salyu×salyuはハイドパークの北側、アーチバルド・ファウンテンにあるオーロラステージにてライブを行った。会場は約200人ほどのキャパが超満員になっており、自由に踊りながら音楽を楽しむオーディエンスも多く、ライブ後もアンコールの声が鳴り止まないほどの大盛況となった。

24日にはメルボルン・THE CORNER HOTELでライブを行う。

THE CORNER HOTELは劇場やパブとしてリッチモンドでは人気の場所で、かつてU2やザ・ホワイト・ストライプス、ダーティー・スリーらや、伝説的な公演としてミック・ジャガーやデイブ・ギルモアがシークレットライブを行なったことでも有名な会場。

この日も約250人の会場はほぼ満員で、ライブはもちろんのことSalyuが英語でMCを行うと一言一言に歓声が上がるほどの盛り上がりをみせた。ライブ終了後にはメンバー達に一生懸命日本語で感想を伝えようとする現地の観客達の列が絶えなかったほどだ。

30日にはブリスベン・Queensland Art Galleryで行われた“Garalley of Modern Art”でライブを行った。

イベントでは1980年代初頭から30年に渡る日本のファッションの歴史と未来の美しさをテーマにエキシビジョンや、トーク、ライブが行われている。日本からはsalyu×salyuの他に少年ナイフらが出演、その他メルボルンやブリスベンからも複数のアーティストが出演し、来場者はファッションと音楽とアートを楽しんでいた。

Salyuとしては今春には全国ツアーの開催と5枚目のオリジナルアルバムのリリースを予定しているが、6月27日には台湾・ATT SHOW BOXXにてライブを行うことが発表された。デビュー10周年を迎え、さらに進化していくボーカリスト・Salyuに注目だ。

ライブ情報
Salyu LIVE 2015 in Taiwan
2015年6月27日(土)台湾・ATT SHOW BOX
開場・開演 18:30 / 19:30
席種:全席指定(椅子席)
チケット前売:2月11日(水)台湾時間14:00〜
チケット一般発売・ペアチケット:3月1日(日)〜
チケット購入:https://www.ticket.com.tw/

SYDNEY FESTIVAL 2015
http://www.sydneyfestival.org.au/2015/cornelius-presents-salyu-x-salyu

QUEENSLAND GALLERY OF MODERN ART
http://www.qagoma.qld.gov.au/exhibitions/current/futurebeauty/programs_and_events/up_late

関連リンク

Salyu オフィシャルウェブサイトhttp://www.salyu.jp/
Salyu SPECIAL SITEhttp://special.salyu.jp/
Salyu Official YouTube Channelhttp://www.youtube.com/user/SalyuChannel
salyu×salyu オフィシャルウェブサイトhttp://www.salyu.jp/salyuxsalyu/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP