体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

空港の税関で自分のほうからあえて別室へ行く方法 空港税関で手荷物について正直な考えを言ったらこうなった!

登 大遊@筑波大学大学院コンピュータサイエンス専攻の SoftEther VPN 日記

今回は登大遊さんのブログ『登 大遊@筑波大学大学院コンピュータサイエンス専攻の SoftEther VPN 日記』からご寄稿いただきました。

空港の税関で自分のほうからあえて別室へ行く方法 空港税関で手荷物について正直な考えを言ったらこうなった!
普通の旅行者にとって、空港の国際線の出口の税関カウンターにいる税関職員のところを通るときは、自分の荷物が開けられたらイヤだな、と思って通ることが多いかもしれません。たいていの人は、「申告するものはありませんか?」と聞かれて、「ありません」と答えていると思います(実際にあるのかないのかよくわからない人もそうしているでしょう)。

それでは、逆に、旅行者のほうから、積極的に、税関職員に、是非どうぞ自分の荷物を開けてください、と強く依頼したら、どのようになるのでしょうか。本当はそのほうが確実で正直な態度だと思います。旅行者として、法令違反(違法持ち込み)をしてしまう危険がなく、法令順守の観点からは、そのほうが望ましいはずです。また、“申告するべきものがあるのかないのか”は旅行者よりも税関職員のほうが詳しいから、荷物検査してもらったほうが安心です。

このように、普通の人とは逆のことを正直にやってみると、以下のようになりました。もし、空港で、自分は正直だと思う人は、以下のように、素直に、自分では荷物についてよくわからないので、是非とも自分の荷物を検査するよう依頼してみてください。そうすると、次のようになったというレポート(実話)を書きます。

最近、頻繁に海外出張に行っている。ところで、今日(9/30)も、海外出張から帰ってきたのだが、某国際空港の入国確認ゲートを通った後の手荷物受取り・荷物検査場(税関)で、正直に、素直に、自分の荷物に関する事項を述べたところ、税関職員が非常に困惑し、それで自分もとても困ったので、そのときのことを、忘れないうちに書いておこうと思う。

まず、海外旅行へ 2007年以降に行かれた方ならご存知かと思うけれども、税関では、下図のような“携帯品・別送品申告書”という書類を書くことになっている。この書類の提出は関税法および通達で規定されているらしい(と税関のホームページに書いてある)。

空港の税関で自分のほうからあえて別室へ行く方法 空港税関で手荷物について正直な考えを言ったらこうなった!

普通の人は、適当にすべて“いいえ”をチェックして税関カウンターの人に渡していると思う。実は免税範囲を超えているが関税は免れたいという人や、違法な麻薬や偽ブランド品を持っているような人は、合理的に考えて、わざわざ、自ら進んで、“はい”をチェックするわけがない。ここを通る人は、ほとんどみんな、“いいえ”をチェックして通過している。でも、時々、正直にタバコ等の免税範囲を超えるものについて“はい”をチェックして申告し、関税を納付している人もいるようだ。

私も、普段は、これまで、毎回、この“携帯品・別送品申告書”にすべて“いいえ”をつけて提出していた。私は、海外出張へ行ったときは、免税範囲を超える土産や、違法な物品(麻薬など)を持ち込もうとすることはないためである。だから、いつも適当に“いいえ”にチェックして提出していた。

しかし、今回の帰国時は、私はいつもと違う、また、普通の人とも違う行動を取ることにした。“携帯品・別送品申告書”の“はい”、“いいえ”の欄を空欄のままにして、税関職員に提出したのである。 その理由は、以下のような、自分としては正当で、また、正直な考えである。

*****
自分の荷物と言えども、何が入っているのか、正確には覚えていないかもしれない。また、自分では故意に入れたつもりがない変な荷物が、外国の空港などでまぎれ込んでいるかもしれない(時々、荷物に勝手に麻薬を入れる外国人がいるらしい)。

加えて、外国で購入したものは、日本への持ち込みが問題ないと思っていたものであっても、実は、問題がある違法なものである可能性もある。旅行者である自分は、関税法のプロフェッショナルである税関職員ではないわけだから、それを確実に知り安心することはできない。

さらに、海外の空港などで購入した土産 (お菓子、チョコレートなど) に密かに麻薬が入っているかもしれない。そういったときに、適当にこの“携帯品・別送品申告書”において、すべて“いいえ”をチェックして、関税職員に提出し、関税職員がその後、私の荷物を検査して、麻薬などが出てきたら、自分で故意に入れたものではなくても、自分が入れたと疑われてしまうかもしれない。そうすると、「虚偽の申告をした」ということで、関税法違反(罰則あり)に問われてしまうリスクがある。

このリスクはゼロにすることはできない。なぜならば、自分の荷物に何が入っているかは、絶対・確実にわからないからである。
だから、“いいえ”の欄にチェックして、“携帯品・別送品申告書”を提出することはできない。
****

正直な思考をする人は、上記のようなことを一度考えてしまうと、非常に不安になるだろう。上記のことは、常識はずれかもしれないが、間違いではないからである。また、正直な考えだからである。上記の正直な理由により、旅行者は、税関カウンターを通るときに、絶対に自分の荷物に違法なものが入っていないのだということを確信することはできないのではないか。それに、“携帯品・別送品申告書”には以下の図のような怖い脅し文句のような警告文が書いてある。これを見ると、間違った申告をしてしまうかもしれない(それが故意であると疑われるかもしれない)ということについて、ますます不安になるのが、正直な人である。

空港の税関で自分のほうからあえて別室へ行く方法 空港税関で手荷物について正直な考えを言ったらこうなった!
1 2 3次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。