ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

サッカーで10点満点の評価をされたゴールキーパーのプレーとは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


2月1日、日本代表MF本田圭佑の所属するミランはホームで最下位パルマと対戦し、3対1で勝利。本田はフル出場し、ゴールに絡むことはなかったが勝利に貢献した。
そんな本田が活躍するイタリアで最も売れていると言われるスポーツ新聞「ガゼッタ・デロ・スポルト」。各試合後に出場した各選手を評価し、10点満点で採点を出すのだが、“マラドーナ”でさえ最高9点だった、超“辛口”新聞として有名である。
実際、平均は大体5点か6点。活躍しても7点がほとんど。ところが、今までに2人だけ10点満点を獲得した選手がいる。1人は、スーパースターのロベルト・バッジョだが、みなさんはもう1人の選手をご存知だろうか?
その選手は、当時カリアリのゴールキーパーだったアレッシオ・スコルピ。よほどのサッカー通でも知っている人はいないであろう。では、なぜそんな選手が10点満点を獲得したのか?それは、「試合の途中、人命救助」を行ったからである。
1998年12月1日の日刊スポーツによると、彼が10点を取ったのは、98~99シーズン。対「ウディネーゼ戦」。試合中、カリアリのDFジャンルカ・グラッサドリアが相手選手と激しく交錯。倒れたグラッサドニアは起きあがらず呼吸が一時停止。するとスコルピは猛ダッシュし、彼に人工呼吸!そして見事グラッサドニアは蘇生!即病院に運ばれ一命を取り留めた。スコルピはヒーローとなり、試合後はアウェー戦にもかかわらず、観客からはスコルピコール。採点理由の欄にはこう書かれていた。「命は地球よりも重い」

(written by けいぼう)

【Nicheee!編集部のイチオシ】中田英寿と秋元康が語った 世界に誇る「日本」と地方の魅力、AKB48秘話も!
【EU旅レポ】サッカーファン&1人旅にもオススメ スペインの本場「スポーツカフェ」
あのサッカー選手も取り入れている、今流行の「体幹トレーニング」とは!?体幹トレーニングを“体感”してみた!!

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP