ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大相撲初場所は18年ぶり15日間満員御礼 原動力は「相撲女子」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 白鵬が史上最多優勝33回を全勝で飾った大相撲初場所は18年ぶりの15日間満員御礼となったが、その原動力となったのは「相撲女子」だった。茶屋関係者はこう話す。

「若貴ブーム以来の盛り上がりです。あの当時は40代以上の女性が多かったが、今は20~30代の女性客が急増しています」

 相撲人気を牽引しているのは、遠藤を筆頭に隠岐の海、勢、佐田の海といった若いイケメン力士たちである。相撲ライターのどす恋花子氏はこう語る。

「人気に火をつけたのは遠藤ですが、逸ノ城のような強くて個性的な力士もいて相撲そのものにハマっていく。

 最近ではイケメンの幕下力士を見つけるのが流行り。目をつけた幕下力士が成長していく姿に母性をくすぐられるんです。ジャニーズJr.が売れていくのを見守るのと似た感じでしょうか」

 女性たちの興味は力士に留まらず、呼出や行司の追っかけまでいるという。呼出にはイケメンが多く、ファンクラブまで存在するのだとか。

「八百長問題で揺れて以降、相撲復権に懸ける協会はフェイスブックやLINEなどで情報発信を進めていて、若い女性も相撲観戦をしやすくなりました。それに遠藤らイケメン力士の登場がうまく噛みあったのです」(どす恋氏)

 女性ファンを取り込むために相撲協会は着物で観戦する和装デーや浴衣デーを考案、人気力士や親方の握手会や撮影会も頻繁に開催されるようになった。

 昨年2月に行なわれた「遠藤と隠岐の海のお姫様抱っこイベント」には6人の定員に約8000人の応募が殺到した。

※週刊ポスト2015年2月13日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
相撲大好きアラサー女子が推薦「ハズさない」相撲解説者3人
白鵬が相撲協会の人種差別匂わせる発言 単なる舌禍で済まず
力士は「米びつ」 1人あたり年間約180万円を部屋に支給

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。