ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

縁起物 長さ33メートル「四川タンタン1本麺」を宮迫・蛭子らが堪能

DATE:
  • ガジェット通信を≫

1月30日放送の「バイキング」(フジテレビ系、毎週月~金曜午前11時55分)では「横浜中華街!見た目も味も仰天のグルメ特集」と題して、お笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之さんと漫画家の蛭子能収さん、フリーアナウンサーの小林麻耶さんが「京華樓 本館」(神奈川県横浜市)を訪れた。

 同店は一風変わった刺激的な料理を出すと評判の中華料理店だ。その一つが「四川タンタン1本麺」(1000円 税抜き)。一見普通のタンタン麺だが、麺が1本しか入っていない。1本麺は中国で長寿を願い誕生日に食べられる縁起物だ。5~6メートルに巻かれた麺生地を、食べやすい細さに伸ばしながら大鍋に入れる。中国でも長さは10メートルだが、同店では33メートルあるという。食した蛭子さんは「うまい。麺がツルツルいってる」とコメント。続いて宮迫さんも「モチモチ! おいしい。これ好き」と称賛した。

 続いて四川から取り寄せた青山椒(さんしょう)を1500粒以上使う「魚の青山椒麻辣煮込み」(2800円 税抜き)を注文。宮迫さんは「辛くないですね。普通にめちゃくちゃおいしい」とコメント。小林さんは「舌にビリビリ来てますね」と楽しんだ。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:京華樓 本館(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:横浜中華街のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:中華のお店紹介
ぐるなび検索:横浜中華街×中華のお店一覧
辛さが評判! 舞の海が恵比寿の名店でちょっと変わった麻婆豆腐2品を堪能
ガッツリ系お肉に舞の海も大満足!! 肉汁したたる六本木のステーキ

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP