ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

焼きそばに生麺を使用、溶き卵と一緒に食べる浪花の絶品焼きそば。

DATE:
  • ガジェット通信を≫

1月24日放送の「メレンゲの気持ち」(日本テレビ系、毎週土曜午後0時)で「石塚英彦の通りの達人」のコーナーで、タレントの石塚英彦さんが「あじくらや」(大阪府大阪市)を訪れた。

 天王寺区味原町にある同店は、お好み焼きと焼きそばが評判の店。石塚さんは「焼きそばいか豚入り玉子づけ」を注文。焼きそばの麺は生麺を使用しており、オーダーが入る度にラーメンのように茹でて作るという。その湯がきたての生麺を肉や野菜、ソースと一緒に鉄板で炒めるのだが、ぐるぐると高速で混ぜ合わせることから「麺をシバきまわす」と表現しているという。その手際のよさに石塚さんも「速い速い速い!あっという間だった」と驚きの表情を見せた。

 出来たての焼きそばと一緒に運ばれてきたのは、なんと生卵。同店のこだわりの食べ方は、溶き卵に焼きそばをつけることだという。「卵?」と不思議そうに首をかしげる石塚さんに、オーナーは「ズルズルッと音をたてて召し上がって」と説明。石塚さんは従うと「クイックまいう~!」とご満悦な表情をうかべた。そして「わかりやすいまいう~ですね。麺ももっちもち。ソースがものすごく素晴らしいのか、(味が)若干とんがっているんですけど、それがまたいい!」と称賛した。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:あじくらや (ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:上本町のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:上本町×和食のお店一覧
辛さが評判! 舞の海が恵比寿の名店でちょっと変わった麻婆豆腐2品を堪能
ガッツリ系お肉に舞の海も大満足!! 肉汁したたる六本木のステーキ

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP