ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

王貞治が、846号ホームランを打ったバットをプレゼントした人物とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


松坂大輔が加入し、松坂フィーバーで沸く、ソフトバンクの宮崎キャンプ。松坂がメイングラウンドからサブグラウンドへ移動する際には、ひときわ大きな声援が飛ぶ。
そんなソフトバンクの球団会長といえば、もちろん王貞治である。現役時代に打ったホームランは通産868本。巨人のV9に貢献し、1977年には初めて国民栄誉賞を受賞した人物だ。
ちなみに、王貞治は、846号のホームランを打ったバットをある有名人にプレゼントしているのだが、その有名人をご存知だろうか?
その人物とは、八代亜紀である。
2006年7月6日のサンケイスポーツによると、八代亜紀は、王貞治が現役時代の昭和55年5月に放った846号のバットを、自身の名前にちなみプレゼントされたとのこと。パーティーで八代亜紀が「846号はいつ打つのか?」と、王貞治に尋ねていたのを覚えていた本人がプレゼントしたそうだ。ちなみに、お礼に八代亜紀は王の肖像画を描いて贈ったとか。

(written by けいぼう)

【Nicheee!編集部のイチオシ】田中将大、7年契約で161億円!日本人女性が思うこと
【プロ野球】大幅減俸!選手の年俸はいくらまでダウンが許されるのか?
【どっちのミカタ?】野球の「チャレンジ」制度 87% 賛成

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP