ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

PC遠隔操作事件 被告に懲役8年

DATE:
  • ガジェット通信を≫

いわゆる『パソコン遠隔操作事件』と呼ばれる事件の判決公判が東京地裁で2月4日行われた。判決では威力業務妨害などの罪に問われていた片山祐輔被告(32)に対し、懲役8年(求刑懲役10年)が言い渡された。

【関連:遠隔操作に関連する記事『Twitterで拡大中の自動投稿悪質アプリ』】

■4人もの誤認逮捕者

この事件で片山被告は2012年6月から9月にかけ、遠隔操作のできるトロイプログラムの一種『iesys.exe』を他人のパソコンに感染させた。そして遠隔操作でパソコンを操り、幼稚園に対する襲撃や航空機爆破の犯罪予告を行ったため、4人もの誤認逮捕者が出ている。この事件は、サイバー犯罪の捜査について見直すきっかけともなっている。

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP