ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

サム・スミス グラミー最有力候補「ステイ・ウィズ・ミー」がビルボード洋楽チャート2週連続1位に

DATE:
  • ガジェット通信を≫
サム・スミス グラミー最有力候補「ステイ・ウィズ・ミー」がビルボード洋楽チャート2週連続1位に

 サム・スミスの「ステイ・ウィズ・ミー~そばにいてほしい」が、Billboard JAPAN洋楽チャートにて2週目の1位を記録した。

 グラミー賞では、主要4部門すべてにノミネートされ、5月に決定した単独公演も即日ソールドアウトとなり、日本での人気も急上昇中のサム・スミス。エアプレイ・チャートで「ステイ・ウィズ・ミー~そばにいてほしい」が、2位のback numberに大きな差をつけて、先週に続き1位をマーク。いよいよ現地時間で今週末に迫ったグラミー賞のショーレースの過熱を始め、数々の日本人アーティストが曲をリレー形式でカヴァーする企画などが話題となり、今週も首位をキープする結果となった。

 3位に停滞し続けていたマーク・ロンソンの「アップタウン・ファンク feat.ブルーノ・マーズ」は、チャートイン10週目にして、遂に2位に浮上。アメリカでは4週連続、イギリスでは6週連続1位を記録し、爆発的なロング・ヒットとなっているこの曲。日本でも、好調なデジタル・セールスに加え、その話題性からツイート・ポイントを大幅に蓄積し、じわじわとランクを上げてきている。その後を追うのがテイラー・スウィフトの「シェイク・イット・オフ~気にしてなんかいられないっ!!」。チャートイン23週目にも関わらず、トップ5圏内をキープし、サム・スミス同様に年間最優秀レコードと年間最優秀楽曲にノミネートされていることもあり、結果によっては再びトップの座に輝く可能性もありそうだ。

 5位に初登場したのは、最新アルバム『ノン・フィクション』をリリースしたばかりのNe-Yo(ニーヨ)。リリースに伴い、リード・トラックとなる「カミング・ウィズ・ユー」が、エアプレイ・チャートで6位にランクアップしたことで、今週チャートインを果たした。そして、7位に初登場したのは、リアーナ、カニエ・ウェスト、ポール・マッカートニーの強力な布陣による「フォー・ファイヴ・セカンズ」。リアーナが、突如自身のSNSで発表したこの曲は、世界的に大きな話題を呼び、今週3人が出演した曲のミュージック・ビデオも公開されたことで、来週はさらに順位を上げてくることが予想される。

関連記事リンク(外部サイト)

2月9日付 Billboard JAPAN 国内洋楽チャート
世界の“お祭りロック”を集めたコンピの第2弾が3/11タワレコ限定リリース!
ドン・ウォズの真髄迫る『ノンフィクションW「ブルーノート」の逆襲』がオンエア

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。