ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

飲みかけのビールをフレッシュに保つ!炭酸が抜けないキャップが登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ビールを飲んでいたら、いつの間にか炭酸が抜けてしまい、そのまま残してしまったという経験は、誰にでもあるだろう。

そんな“もったいない”を減らすために開発されたのが、「Pop & Stop(ポップ&ストップ)」だ。

・オープナーとフタが1つに!

アメリカのエンジニア、Joe Hackel氏は、せっかくのビールが飲みかけのまま無残に捨てられている姿を見て、フレッシュな状態を維持できるアイテムの制作を決意。

そうしてできあがった「ポップ&ストップ」は、キーホルダーほどのサイズで、瓶ビールのオープナーとフタが1つになったもの。

・瓶入りの炭酸飲料をフレッシュに保つ!

このフタは、しっかりと口を塞いでくれ、炭酸が抜けるのを防いでくれるだけでなく、中身がこぼれることも防止してくれる。

パーティーなどで使えるのはもちろん、一人飲みのときも、フタをして冷蔵庫で保存することができるというわけだ。

また、ビール以外にも、サイダーなど炭酸飲料の瓶に使うことができるので、子どものいる家庭でも重宝しそうだ。

・クラウドファンディングで大ヒット中

ポップ&ストップは、クラウドファンディングのKickstarterにて2月22日まで出資受付中で、すでに目標額8500ドルを大幅に超える、1万3000ドル(約円)を調達している。

現在残っている一番リーズナブルなプランは8ドルで製品1つを贈呈してもらえるもので、他にも名前入りなどのオプションもあり。

発送時期は、早いものでクラウドファンディング終了後、その他が2015年5月の予定だ。

価格もかなり手頃なので、ビール好きの人は今年の夏に向けてゲットしてみては?

Kickstarter
https://www.kickstarter.com/projects/2117504834/pop-and-stop-savethebeer-opener-and-sealer

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP