ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『第9地区』監督の最新作はロボット、AIの進化は人類の理想なのか?映画『チャッピー』

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『第9地区』ニール・ブロムカンプ監督最新作、映画『チャッピー』の日本公開が、5月23日(土)に決定した。

難民エイリアンと人類の対峙を描いて全世界で大ヒットした『第9地区』(2010)、未来の格差社会を鋭く描いた『エリジウム』(2013)と、全世界の映画ファンを未知の体験に誘い続ける監督ニール・ブロムカンプ。彼が新たに挑むのは、2016年のヨハネスブルグを舞台に成長するAIを搭載した人型ロボット”チャッピー”を主人公にした監督の原点的野心作だ。

2016年―犯罪多発地区、南アフリカヨハネスブルグに世界でただ一体の”感じ、考え、成長する” AI(人工知能)を搭載したロボットが誕生する。彼の名はチャッピー。開発者のディオン(デーヴ・パテル)は極秘でAIを彼に搭載させていた。起動したばかりのチャッピーはまっさらな、まるで子供のよう。その人工知能(こども)の進化は、人類の理想なのか?

チャッピーを演じるのは、『第9地区』『エリジウム』とニール・ブロムカンプ監督の盟友ともいえるシャールト・コプリー。そして、ヒュー・ジャックマン、シガニー・ウィーヴァー、デーヴ・パテルら、演技派俳優たちが顔を揃えている。

映画『チャッピー』は5月23日(土)公開

関連記事リンク(外部サイト)

八百長賭けボクシングで殴り合うシーンが凄すぎる 映画『ファーナス/訣別の朝』特典映像
ケイティ・ペリー、ロボットに乗ってスーパーボウルでスゴすぎるパフォーマンス
『ターミネーター:ジェニシス』シュワちゃんの老いたT
綾野剛が血まみれで大暴れ!主題歌はマンウィズ 園子温最新作『新宿スワン』特報解禁
「あちらのお客様からです」が実際にできる大規模パーティーが開催されるらしいwww

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP