ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

英ARMが新たな64bit CPU「Cortex-A72」や新GPU「Mali-T880」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

英 ARM が 2016 年のハイエンドスマートフォン・タブレットなどと一緒に登場する新 CPU コア IP 「 Cortex-A72」と新 GPU コア IP「Mali-T880」を発表しました。Cortex-A72 は、32bit/ 64bit 対応の ARM v8-A アーキテクチャーを採用した CPUで、TSMC の 16nm FinFET 製造プロセスに対応しています。直接的には現行 Cortex-A57 の後継にあたる CPU コアで、性能や消費電力、4K コンテンツへの対応、IoT 機器との連携を強化しています。ターゲットはプレミアムスマートフォン、大画面デバイス、スマート TV、サーバなどです。ARM の発表によると、Cotex-A72 は Cortex-A15 と比べて 75% の消費電力で動作しながらも、コアあたりの処理性能は 3.5 倍(Cortex-A57 比は約 1.8 倍)向上しているそうです。また、CPU は Cortex-A72 単体で構成することはもちろん、Cortex-A53 との組み合わせで big.LITTLE を構成することも可能。このほか、4K 解像度の動画を 120fps の高フレームレートで記録できるとも言われています。新 GPU の Mali-T880 は、既存のスマートフォン向けプロセッサの GPU に比べて 1.8 倍高いグラフィックス性能を発揮し、同社は「コンソールレベルのゲームパフォーマンスを体験」できると述べています。PCWorld が報じたところによると、ARM は Cortex-A72 で既に 10 社とライセンス契約を交わしているそうです。Source : ARMPCWorld


(juggly.cn)記事関連リンク
Sony SmartEyeglass(SED-E1)がFCCの認証を取得
中国でまたまた“世界最薄スマートフォン”が発表、Coolpad ivvi K1 miniは4.7mm厚の4.7インチスマートフォン
LG G4とみられる「LG-H811」が早くもWi-Fi Allianceの認証を取得

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP