ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

他人ごとじゃない!実際に旅で起こった「まさか」の出来事

DATE:
  • ガジェット通信を≫

pray with new sun by L_Dan, on Flickr

TRiPORTライターのyokoです。
旅も人生も、「まさか」の出来事と隣り合わせです。筆者もハプニングという言葉では片付けられないような経験をしてきました。今回は、旅に関するそんなエピソードを3つご紹介します。

(1)出発前日に大地震

皆さんは、日本から出て旅をしたことはありますか? もしあるならば、はじめて旅に出た日のことは覚えていますか?

筆者の初めての国外への旅は、語学留学でした。大学在学時の2010年12月に、2011年3月から半年間オーストラリアに行くことを決めました。治安の良さと、時差が少ないという理由でオーストラリアを選択し、急な決定にも関わらず家族の応援もあり、出発日も年明けには無事決まりました。

そして迎えた、2011年3月11日14時すぎ。東日本大震災が起こりました。私の住んでいた千葉県は、震度5弱…。次の日に部屋を引き払い、出発する予定だったので、荷造りはほとんど終わっていました。幸いなことに、家具が倒れたりするようなことはありませんでしたが、閉まっていたテレビを引っ張り出してつけた時に見た映像の衝撃は、今も忘れられません。

離れて暮らしている家族とも連絡が取れず、たくさんの不安を抱えながら迎えた出発の日。引っ越し業者などには何とか会って部屋を引き払い、なかなか動かない電車で夜出発のフライトに間に合うよう空港に向かいました。

Takashi Ogasawara 「煌めきの世界へ」より

「困難を乗り超えて、財産を手に入れた」

「何とか出発しなければならない」。そんな使命感のような気持ちで、必死に空港へ向かいました。その時の私はまだ若く、見知らぬ土地に飛び出す不安やその場の混乱よりも、楽しみが勝っていたのでしょう。ただ、いよいよ日本から離れる時に、急にさみしさや不安に襲われ、泣きそうになりました。

今思うと様々な幸運があって出発できたと思いますが、あの状況の中、何とか出発した自分に今は感謝しています。なぜならその留学で、その後の人生におけるかけがえのない財産を手に入れることができたからです。

(2)グアムでの衝撃的な事件

皆さんは、グアムで起きた衝撃的な無差別殺傷事件を覚えていますか? あの夜、私は友人と一緒に、グアムへ向かう飛行機の中にいました。

事件が起きた場所は、グアム・タモン地区にあるザ・プラザのABCストアの近く。深夜に到着し、その日の昼前に街に出た私たちは、奇妙な光景を見ることになります。警察、立ち入り禁止のテープの跡、壊れた壁…。最初は事件を知らなかったため、何が起こっていたのかわかりませんでした。

Broken Window by shinealight, on Flickr

ネットがつながったときにそれを知り、まず私は初めての海外旅行だった友人の親を心配しました。時間的にニアミスとはいえ、無事であることを伝えた方がいいのではないか…。なぜそう思ったかというと、私自身が3.11のときに親と連絡が取れず、お互いに不安な思いをした経験があったからです。

帰国してからわかったことですが、パックツアーだったため旅行会社が「事件に巻き込まれていない」旨を連絡してくれていたので、そのときは心配させずに済みました。

Takuma Nakamura 「グアムそしてグアム」より

「日本も含めて、危険のない国なんてない」

人生に“たら・れば”を言えばきりがないですが、「もし1日フライトが早かったら…」と思い、ぞっとしました。それくらい観光客ならば、当然のように訪れる場所での事件だったのです。私は2度目のグアムでしたが、どこか楽しみきれませんでした…。

ただ、この事件は本当に珍しいものだったので、グアムが危険な場所だとは思いません。しかし、これは海外旅行に限ったことではありませんが、日本人があふれているような気軽な観光地でも、危険はあるということを忘れてはいけないと思います。

(3)ハワイで病気に

皆さんは旅に出る際、旅行保険に加入しますか? 私は最近まで、クレジットカード付帯の旅行保険のみで旅行する場合がほとんどでした。数年前パックツアーでハワイに行ったとき、一緒に行った家族が体調を崩してしまいました。付帯のキャッシュレス保険が含まれていたため、すぐにホテルにお医者さんを呼び、診てもらうことができました。

“初めての海外はハワイ”という時代もあったというくらいメジャーな場所だったので、日本人には身近なところだという固定観念がありました。しかし、そこで家族が体調を崩したという予想外の出来事に、私はなんとなく驚いてしまいました。よく考えれば、どこに行ってもそういう可能性はあるわけですが…。

Yoko Fujie 「母と2人旅~初めてのハワイ」より

そんなことがあった次の海外旅行ということもあり、今までは申し込まなかった保険に入りました。そしてなんと、その旅では自分がその保険を利用することになったのです。自分が一番行きたかった場所に行く日に、体調を崩してしまいました。もし保険に加入していなかったら、1日中苦しんでいたかもしれません。治療を受けられたおかげで、何とかその日中に外へ出ることができました。

Yoko Fujie 「母と2人旅~初めてのハワイ」より

「安心を買って旅を楽しむこともできる」

旅の中でお金をかける部分は人それぞれ違います。私自身もそうでしたが、保険などの保証にお金はかけたくないという人もいると思います。でももし少しだけお金をかけられるのならば、キャッシュレスで診療が受けられる保険に入ることをおすすめしたいです。健康第一と言いますが、旅では本当にそれが一番ではないでしょうか。

(ライター:Yoko Fujie)

自分の身は自分で守る!旅行保険への加入のススメ

関連旅行記はこちら

*Takashi Ogasawara 「煌めきの世界へ
*Takuma Nakamura 「グアムそしてグアム
*Yoko Fujie 「母と2人旅~初めてのハワイ

hugging by lanier67, on Flickr

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP