ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

顔のシワたるみ 原因は「筋肉の使い方の偏りという老けグセ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 歳を重ねたら、だんだん気になってくる小ジワ、大ジワ、たるんだ頬やフェイスライン…。加齢のせいだと思いきや、必ずしもそうではないとか。

「シワやたるみがある人は、目に見える対処法に気を取られがち。皮膚表面でなく、もっと根元について考える必要があります」

 そう語るのは、『シワ図鑑』(講談社)などの著者で、鍼灸マッサージ師の土門奏さん。

「私たちは、目を開けるにしても、食べるために口を動かすにしても、顔の筋肉をたくさん使っています。シワやたるみに悩んでいる人は、この筋肉の使い方に偏りが多いんです」(土門さん)

 手足の筋肉を使いすぎると、筋肉痛になり、姿勢が悪いと肩こりや腰痛を引き起こす。一方、筋肉を使わないでいると、筋肉がやせ細り、たるみをつくってしまう。それと同じことが顔でも起こっている、と土門さんは解説する。

「顔の筋肉を偏って使うと、使いすぎ筋肉のこわばりがシワを生み、使わない筋肉は衰えてたるみを引き起こします。この状態が続けば、どんな対処法も一時しのぎの効果しか見込めません。筋肉の使い方の偏りという老けグセを直すことこそが、シワ&たるみ対策の、本当の近道です」

※女性セブン2015年2月12日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
素肌をキレイに見せるコツ「表情筋を動かし笑顔を」と専門家
38才の時ブルドッグ顔で悩んだ女性 顔ヨガして40才で小顔に
太い二の腕の原因は筋肉衰えとセルライト蓄積 引締め法紹介

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP