ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国 政府がゴルフ場建設中止命令出すも効果については疑問

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 中国では習近平指導部による「ぜいたく禁止令」が声高に叫ばれているが、この10年間でゴルフ場は3.6倍に増え、計639か所に達していることが分かった。

 ゴルフは官民の癒着を生むのに加え、ゴルフ場建設で乱開発による環境汚染が進むほか、中国では飲料水の不足が深刻化するなか、芝生の育成などで水を大量に必要とするなど、「百害あって一利なし」とされているが、土地売買の収入を目当てに、地方政府がこっそりと裏で手を回しているようだ。

 中国にゴルフが入ってきたのは改革・開放路線導入6年後の1984年で、当時の趙紫陽・首相ら党政府高官が競ってプレーに励むなど、中国人の間でゴルフブームが起きた。外国人企業家らプレーしながら商談を進め、親交を深めるというビジネス的にスマートなスポーツであり娯楽だったからだ。

 1989年の天安門事件後で、西側諸国の対中制裁もあって、西側のスポーツであるゴルフは毛嫌いされ、一時ゴルフブームはなりを潜めたが、その後、ゴルフ人気は復活し、ゴルフ人口は2004年には100万人を突破した。

 しかし、農地のゴルフ場転用など土地の乱開発のほか、中国全土で慢性的な水不足もあって、中国政府は同年、「ゴルフ場の一時的な建設中止通知」を出したほか、その後もこれまで10回にわたって、同様の通達を地方政府向けに出している。

 しかし、昨年末時点でのゴルフ場の数は639件と、2004年の178件の3.6倍にも達していることから、中国政府のゴルフ場建設禁止令は効果がないのは明らかだ。

 この裏には、地方政府の姑息な書類操作がある。業者によるゴルフ場建設を認可する際、中央政府の禁止措置に抵触しないように、「ゴルフ場建設」とはせず、「レジャー施設」とか「スポーツトレーニングセンター」、あるいは「旅行客向けリゾート」との名目にするのだという。

 ゴルフ場は広大な土地を必要とするだけに、地方政府にとって、土地売買に伴う利益は莫大な額に達する。また、富裕層を呼び込めるゴルフ場は、地方政府にとっても「打ち出の小槌」だからだ。

 しかし、こうしたカラクリは当局もお見通しで、昨年から強硬策に転じており、すでに取りつぶし措置を受けたゴルフ場は全国で10か所は下らないと中国青年報は報じている。同紙は「習近平主席の腐敗一掃キャンペーンやぜいたく禁止令の徹底で、今後はゴルフ場関連業者の一斉摘発が本格化するだろう」と予測している。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
上杉隆氏 深夜のゴルフ場に忍び込んで「泥棒ゴルフ」の過去
暴力団員 ゴルフ場で刺青隠すため長袖着用・風呂へ入らぬ配慮
大前研一氏 地方の活動を邪魔するのは中央官僚の利害と面子

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP