ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

坂上忍を『バイキング』毎日司会に抜擢でも視聴率に不安の声

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 俳優・坂上忍(47)が、フジテレビ系『バイキング』(月~金曜、11時55分~)の司会を月曜から金曜まで担当することになった。『バイキング』は、31年半続いた『笑っていいとも!』の後継番組として、昨年4月から放送されているが、視聴率は低迷。最近も2~3%台が続いている。3月限りで打ち切り説もあったが、今回は免れたようだ。フジテレビ関係者が話す。

「上層部は、わずか1年で番組を終了させることへの抵抗があるようです。帯番組がコロコロ代わるのは、局のイメージとしても良くない。それに、番組を終わらせたところで、数字が上がる保証はどこにもない。ならば、リニューアルを図ることで、低迷を脱しようというわけです」

 視聴率が伸びない理由のひとつに、日替わり司会者が指摘されていた。それを改め、現在月曜の司会を務める坂上が帯で担当することで、視聴率アップを目指すわけだ。果たして、上手くいくのだろうか。テレビ局関係者が話す。

「正直、簡単には上がらないと思います。なぜなら、『バイキング=低視聴率=面白くない』というイメージが定着してしまっている。たとえば、坂上司会の1月19日、新しく始まる月9ドラマ『デート~恋とはどんなものかしら~』主演の杏が出演した日でさえ、3.6%といつもとたいして変わらなかった。今、ゲストで杏の出演する番組は、軒並み高視聴率ですから、いかに『バイキング』という番組のパワーがないかを示してしまったわけです。

 現在、人気絶頂の坂上とはいえ、この状況を覆すのは至難の業。事実、坂上が司会を務める月曜も、他の曜日と変わらず、数字が良くない。祝日になると上昇しますが、それはお昼の帯番組なら、どれも同じことですからね」

 杏と坂上忍という当代随一の“高視聴率タレント”を持ってしても、『バイキング』の数字は上がらないという異常事態が起こっているのだ。前出・フジ関係者が話す。

「多忙な坂上さんのスケジュールを1週間押さえたわけですから、簡単に終わらすわけにはいかない。ただ、視聴率が伸びなければ、坂上さんを残したまま、秋には新番組がスタートする可能性もあるでしょう」

 現在、午前中の番組は『めざましテレビ』『とくダネ!』『ノンストップ!』が同時間帯1位をほぼ毎日獲得しているフジテレビ。『バイキング』が流れを止めているだけに、“視聴率を持っている”坂上忍に寄せられる期待は限りなく大きいが……。放送作家が話す。

「フジは、タレントの力に頼り過ぎ。いまだに、“このタレントをキャスティングしておけば、数字を獲れる”という信仰が強過ぎる。もちろん出演者も大事だが、それ以上に番組の質にこだわるべき。年末年始に、ゴールデン帯、プライム帯の週間視聴率が最下位に終わったのも、“キャスティング信仰”が強すぎたから。元日に、とんねるずの番組で視聴率4.4%を記録したことが象徴的です。

 制作サイドとしては、ある意味、有名タレントの番組作りはラクなんです。コケても、矛先はタレントに向きますからね。でも、タレントを並べるだけで成功する番組なんてない。高視聴率番組は、どれも内容が充実している。その当たり前の事実を、もう一度認識すべきでしょう」

 いくら、視聴率男・坂上忍を使ったところで、根本的な番組作りを変えなければ、『バイキング』の未来はない。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
バイキングが低視聴率 坂上忍は本当に数字を持っているのか
フジテレビ 『バイキング』で全曜日で坂上忍を起用の目論見
『バイキング』低迷で小堺一機の『ごきげんよう』への影響は

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP