ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SKE48初のドキュメンタリー映画 未来を見つめる松井珠理奈やグループへの熱い想いを語る松井玲奈など場面カット解禁

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2月27日に公開されるSKE48初のドキュメンタリー映画『アイドルの涙 DOCUMENTARY of SKE48』。その本編より場面カットが解禁された。

SKE48 キュートな映画カット一覧

 場面カットは、SKE48結成当初の記録映像や今作の為に行ったインタビューシーンから切り取った全14点。透き通る青空のもと未来を見つめる松井珠理奈、グループへの熱い想いを語る松井玲奈、晴れやかな笑顔で自分を冷静に語る須田亜香里、AKB48への移籍に対する気持ちを話す木崎ゆりあ、目を赤くし涙をこらえながらインタビューに答える高柳明音etc……それぞれの表情に秘めた想いを是非本編で確かめてほしい。

 なお、この映画は、結成以来撮り続けられてきた膨大な記録映像はもちろん、見どころは今作品のために新撮された現役メンバーや卒業生など総勢40名を超える珠玉の単独インタビュー。監督を担当する元NHKプロデューサーの石原真が構えたカメラの前で、告白されていく赤裸々な本音。世代交代のために自ら卒業を決断したメンバーの声。厳しい現実の中、今でも夢を追い続けている卒業メンバーの声。相次ぐ卒業宣言に戸惑いながらも、何とか前へ進もうと手を取り合う現役メンバーたちの声。あふれる涙をぬぐおうともせずに熱い思いを吐露する少女たちの姿が、観る者の心を激しく揺さぶる。

 秋元康総合プロデューサーに「ダイヤの原石を見つけた」と言わせた当時11歳の松井珠理奈。一方、歌もダンスも未経験、最後列からのスタートとなった松井玲奈。対照的な両エースを軸に全メンバーとファンの努力でSKE48を一大グループへと押し上げるまでに至った波乱の道のりを映画は描いていく。それはまさに“アイドルの涙の歴史”となっている。

◎映画『アイドルの涙 DOCUMENTARY of SKE48』
2月27日(金)より全国公開
配給:東宝映像事業部
企画:秋元 康
監督:石原 真(読み:いしはら しん)
出演:SKE48
(C)2015「DOCUMENTARY of SKE48」製作委員会

関連記事リンク(外部サイト)

AKB48 前日の前田敦子に続き大島優子登場 山本彩ら“美あご”メンバーも活躍したリクエストアワー2日目 SKE48ドキュメンタリー映画予告映像も
AKB48 まさかの前田敦子登場で卒業ソング「夢の河」歌唱&増田有華/大人AKB塚本まり子/片山陽加と卒業組次々復帰 リクエストアワー初日から大盛況
AKB48グループ 川栄李奈ら成人式で「(今年の成人メンバーは)狭間世代」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP