ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ドン・ウォズの真髄迫る『ノンフィクションW「ブルーノート」の逆襲』がオンエア

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 マイルス・デイヴィスやハービー・ハンコックまで世界のジャズシーンの礎を築いた名門ジャズ・レーベル「ブルーノート」。その社長であるドン・ウォズに焦点をあてた番組『ノンフィクションW「ブルーノート」の逆襲~名門ジャズ・レーベルの未来を託された男~』が2月7日にWOWOWプライムにて放送される。

 2014年にレーベル創立75周年を迎えた「ブルーノート」は再び黄金期に突入している。番組では、2012年に社長に就任し名門ジャズ・レーベルの未来を託されたキーパーソン、ドン・ウォズに密着。2014年夏、ホセ・ジェイムズがビリー・ホリデーのトリビュートアルバム『イエスタデイ・アイ・ハド・ザ・ブルース』のレコーディングを行い、プロデューサーとして参加をしたドンの姿を追う。そこで魅せた「本物」のミュージシャンたちと、ジャンルに捕らわれない21世紀のジャズを生み出すプロデューサーワークは必見だ。

 先日都内で行われた放送記念のトークイベントでは、ジャズ評論家の柳樂光隆氏、そしてホセのレコーディングに同行したユニバーサルミュージック斉藤嘉久氏が登壇。「ブルーノート」の印象を、「常に最先端の音楽を届けるトップレベルのレーベル。」と話し、ドンが思い描く最先端のジャズの楽しみ方について、「ジャズと一口で言っても色々なスタイルがあり、新しい要素をロバート・グラスパーやホセ・ジェイムズは取り入れている。ジャズと言えばこれという括りはもうないですね。みなさんが色々なライブやCDを聴いていくなかで、自分のフィーリングにあうジャズを見つけてほしい。」と語っていた。

 番組放送後は、ホセ・ジェイムズ、ロバート・グラスパーは来日公演も控えている。ドン・ウォズが「ブルーノート」の根底を受け継ぐ、21世紀のジャズを体感したい。

◎番組情報
『ノンフィクションW「ブルーノート」の逆襲~名門ジャズ・レーベルの未来を託された男~』
WOWOWプライム:2015年2月7日(土)午後1時OA
番組出演:ドン・ウォズ、ホセ・ジェイムズ、ロバート・グラスパー他
http://www.wowow.co.jp/pg_info/detail/105908/

◎リリース情報
ホセ・ジェイムズ『イエスタデイ・アイ・ハド・ザ・ブルース』
2015/2/4 Release
UCCQ-1025 ¥2,808(税込)
http://www.universal-music.co.jp/jose-james

◎来日情報
■ホセ・ジェイムズ~Yesterday I Had the Blues: The Music of Billie Holiday~
ビルボードライブ大阪:2015/2/12(木) 
ビルボードライブ東京:2015/2/13(金)~ 15(日)

■ロバート・グラスパー エクスペリメント
ビルボードライブ大阪:2015/5/26(火)~28(木)
ビルボードライブ東京:2015/6/2(火)~5(金)
INFO: www.billboard-live.com

関連記事リンク(外部サイト)

ホセ・ジェイムズ 伝説のシンガービリー・ホリデイに捧げる魂のトリビュート・アルバム発売、来日公演も
ホセ・ジェイムズ、新作AL国内盤ボートラに椎名林檎とのコラボ曲収録
ロバート・グラスパーが5月に来日 ビルボードライブおよびTAICOCLUBに出演

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP