ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【孤独のグルメ】東京都北区赤羽のほろほろ鳥とうな丼 / 川栄

DATE:
  • ガジェット通信を≫

朝から酒が飲める居酒屋の街、東京都北区赤羽。しかし、酒が飲めない人にも嬉しい店が多くある。そのひとつが『川栄』だ。うなぎや鶏肉が美味しい名店として知られており、そのファンは日本全国から集まる。

・相反するふたつの絶品
この店にきたのなら、「ほろほろ鳥」と「うな丼」は食べておきたい料理のひとつ。旨味あふれるジューシーな肉の刺身、香ばしくて艶やかなうなぎ、相反するふたつの絶品を堪能できる。

・プルプルとした弾力のある食感
ほろほろ鳥の刺身は、たんぱく質やコラーゲンが豊富に含まれているため、プルプルとした弾力のある食感が楽しめる。なるほど、これは鶏肉では体験できない未体験の旨味だ。

・ジュワッと広がる旨味
特にオススメしたいのは、ほろほろ鳥の合わせ盛り(1200円)。刺身と「たたき」がどちらも楽しめる贅沢なメニュー。わさび入りの醤油タレをやや多めつけ、一口で食べる。食べた瞬間に感じられる、たたきならではのジュワッと広がる旨味がたまらない。

・単体では表せない美味しさ
たっぷり脂が乗ったうな丼(1900円)。染み出た旨味とタレがご飯に浸透し、うなぎとご飯で見事なジョイントを魅せている。ご飯とうなぎの境界線が曖昧になり、単体では表せない美味しさを生んでいるのだ。

・エキスとタレが入り込む余地
ご飯は水分がやや少なめに仕上がっており、その分、うなぎのエキスとタレが入り込む余地を作っているのも素晴らしい。なんとも絶妙なバランスだ。

熟練の職人が焼いたうなぎなので、仕上がりも秀逸。くどくなく、それでいてコッテリとした脂の美味しさを感じさせてくれる。

川栄
住所: 東京都北区赤羽1-19-16
時間: 11:30~14:00 18:00~21:30 日祝11:30~17:00
休日: 水曜日
ルート: JR赤羽駅から徒歩約3分
記事: 東京メインディッシュ http://main-dish.com/2015/02/03/kodokunogurume-season3-1/
Via: 川栄

カテゴリー : グルメ タグ :
東京メインディッシュの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP