体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ネット時代の副業で利益を出すために必要なこと

エンタメ
ネット時代の副業で利益を出すために必要なこと

 副業としての「ネットビジネス」が注目されている昨今、自分もやってみようと考えている人は少なくないはずです。
 「生活を楽にしたい」「旅行をするための資金がほしい」「夢をかなえるため」など、さまざま目的から副業を考えるわけですが、どんなビジネスがあるのでしょうか?

 今、注目を集めているネットビジネスの一つが「Amazon輸出」です。
 「Amazon輸出」は日本(もしくは海外)で仕入れた商品を海外のAmazonで出品し、海外のユーザーに売るというビジネスで、複数の入門書が出版されています。
 ところが、大半の人が成果を上げていないと指摘する人がいます。『Amazon輸出の教科書』(ぱる出版/刊)の著者であり、初年度で年商4500万円以上を売り上げた“現役トップセラー”の佐々木惇さんです。
 どうして成果を上げられないのでしょうか。そして、「Amazon輸出」でうまく利益をあげるにはどうすればいいのでしょうか。
 今回は佐々木さんにお話をうかがいました。
(新刊JP編集部)

■副業でネットビジネス、結果を出すために必要なことは?

――もともとインターネットビジネスはされていたのですか?

佐々木:本格的な形ではやっていませんでした。ヤフーオークションで要らないものを売るくらいはしていたのですが、そのくらいですね。

――佐々木さんは現在31歳ですが、ちょうど思春期くらいにパソコンが普及して、インターネットが当たり前になった頃ですよね。

佐々木:そうですね。そういう意味ではすんなりネットビジネスに入れたと思います。

――「Amazon輸出」というビジネスに出会ったきっかけは?

佐々木:書店で山村敦さんの『月に100万稼げる「Amazon輸出」入門』を見つけて、これは面白いと思ったのがきっかけですね。
もともと私は公認会計士の論文式試験に合格して監査法人で働いていたのですが、将来は独立してビジネスを興したいという想いがありまして。そのやりたいことの一つが輸出という世界を相手にする事業だったんです。そんな中で山村さんの本に出会ったので、自分の探していたものが見つかったかもしれないと。

――山村さんの本が出版されたのが2012年の年末ですが、実際に佐々木さんがAmazon輸出をはじめたのは?

佐々木:2013年7月くらいですね。ですから、今は輸出を始めてから1年半くらいです。

――ビジネスが軌道に乗ったのはいつ頃ですか?

佐々木:その年の11月か12月くらいです。だいたい5ヶ月から半年くらいです。そこで実績が出てきて、「こうやれば売れる」という確信を得られたかなと思いました。12月は欧米諸国ではクリスマスなどがあるホリデーシーズンのおかげで、、月商700万円を超える売上をあげることができました。
始めた頃はまずノウハウを頭に叩き込んで、実践しながら修正していくというやり方をしていました。情報が少なかったので、先輩方のブログをたくさん読んだりしながら、かなり手探りで進めていきましたね。

――「Amazon輸出」は他のネットビジネスと比較してどのようなところにメリットがあると思いますか?

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会