体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

テスラは泣かない。が自主企画イベントで熱狂の“マグマロック”を展開

テスラは泣かない。による2ヵ月連続となる自主企画イベント「テスラは泣かない。Presents High noble MATCH! in TOKYO」の初日が、2月2日(月)に東京・shibuya eggmanで開催された。

2月2日(月)@shibuya eggman (okmusic UP's)

チケットがソールドアウトとなったこの日、ゲストバンドのLAMP IN TERRENに続き登場した「テスラは泣かない。」は、オープニングSEと共にオーディエンスがクラップでメンバーを迎える中、ガッツポーズや満面の笑みで応えてステージに登場した。

ライヴは「Cry Cry Cry」からスタート。感情を爆発させるかのように1曲目からアグレッシブなライヴを展開を見せ、バンドがこのイベントに懸ける意気込みが最初からひしひしと感じられた。続く「cold girl lost fiction」では早速オーディンエンスの大合唱が巻き起こり、ライヴ冒頭にもかかわらず会場全体が一体感に包まれ、“皆さんのダンスを見せてください!”という村上学(Vo&Gt)の声に、オーディンスは拳を突き上げる。

メジャーデビューシングル曲「Lie to myself」で見せたバンドの圧倒的なまでにダイナミックな演奏は、さらにパワーアップしたテスラの姿を表わしていて、頭を振り乱しながら豪快にシンバルを打つ實吉祐一(Dr)の姿が頼もしく感じられる。「めんどくせえ」では、定番となったコール&レスポンス《もうめんどくせえな》というフレーズをバンドとオーディエンスとでやりとりする一面もあった。

オーディエンスへ感謝の気持ちと共に、あらためて3月4日にメジャー1stアルバム『ONE』がリリースされることも発表。初のセルフプロデュースとなるこの作品は、“バンド自身の想像を超えた作品となった”という村上の言葉からも強い自信が窺える。リリース発表に拍手が巻き起こる中、披露されたのはそのリードトラックとなる「国境はなかった」。《自分が設ける国境(境界線)次第で守りたいもの、愛せるものは増えるんだ》というメッセージが込められたこの楽曲は、スリリングな曲展開と流れるようなピアノリフレインが印象的なアップチューンだ。

そして、力強く突き抜けたサビが壮大さを感じさせるアルバムのサブリード曲「MOTHER」も演奏。途中、ハッとさせられる大胆な展開に続いて、飯野桃子(Piano&Cho)のやさしい歌声が響きわたり、村上との絶妙なコーラスワークでクライマックスを迎えるという、テスラの新たな可能性を示した一曲だ。

『ONE』の楽曲を演奏したあとは、《ここからは終盤戦、僕らの”マグマロック”と言われるダンスナンバーを立て続けに投下します!》という言葉とともに、「イムソン」「シャドウ」「パルモア」というエモーショナルな楽曲を立て続けに披露。フロアの温度もさらに上昇し、ステージのセンターに位置する吉牟田直和(Ba)はここに来てさらに大きなアクションに!

また、より熱くなったフロアに向けて、『ONE』を引っさげたリリースツアーの開催もアナウンスされた。これまで地元・鹿児島をツアーファイナルとしていた彼らだが、今ツアーでは初めて東京で行なうという。この発表に大きな歓声が上がり、オーディエンスは早くも期待に胸を膨らませていた。札幌、名古屋、大阪、福岡は初のワンマンライヴとなり、東京公演に関しては後日発表とのことなので、続報を楽しみにしておこう。最後は「アンダーソン」「梵」というライヴ定番の2曲で畳みかけ、満員のフロアの大合唱を誘い、本編は終了した。

アンコールでは、鹿児島弁なまりたっぷりの實吉のMCが会場の笑いを誘う。そして、メンバー全員がオーディエンスへの感謝の気持ちを伝え、ラストナンバー「Someday」を演奏。最後まで熱狂は冷めることなく、バンドの新たな可能性を提示したイベントは大盛況の内に幕を閉じた。自主企画イベント2日目は3月4日(水)にシナリオアートを迎え、同じくshibuya eggmanで開催される。

【セットリスト】
01.Cry Cry Cry
02.cold girl lost fiction
03.fuga
04.Lie to myself
05.Calico
06.めんどくせえ
07.国境はなかった(新曲)
08.MOTHER(新曲)
09.イムソン
10.シャドウ
11.パルモア
12.アンダーソン
13.梵
〈encore〉
01.Someday

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。