ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ファイナルファンタジーのファイナルって?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


2月1日、「Taipei Game Show 2015」の最終日、SCETブースでは、「FF」シリーズ最新作「ファイナルファンタジーXV」の紹介に合わせて、開発パートナーとして台湾XPECが紹介され、初公開シーンを含む最新バージョンのデモンストレーションが披露された。
ところで、みなさんは「ファイナルファンタジー」の「ファイナル」の意味をご存知だろうか?
その答えは、CONTINUE Vol.22「『ファイナルファンタジー』を創った男・坂口博信」で、ファイナルファンタジーの産みの親である坂口本人が語っている。

もう大学を8年間も留年してるし、ファミコンの3Dゲームもうまくいかないし、次のゲームがダメだったら大学に戻ろうと思っていました。それが『ファイナルファンタジー』というタイトルに。
当初は『ファイティングファンタジー』という案もありましたけど、『自分自身のファイナルなゲームにしよう』と思っていたんですね。『これでゲームの仕事は終わりになるかもしれないけど、がんばろう』って。

そう、「製作者にとって『最後』の仕事」という意味だったのだ。それが今では、日本を代表するゲームとなったのである。

(written by けいぼう)

【Nicheee!編集部のイチオシ】発売間近!直球で「あなたが恋したFFキャラ」をきいてみた!!
ファイナルファンタジーチームが結集!「植松伸夫×坂口博信×天野喜孝」ドリームチームとコラボしたカノンって!?
ドラゴンクエスト、ついにスマホで配信!

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP