ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

法隆寺が値上げ…。参拝客の減少もありやむを得ず拝観料が1.5倍に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

東京ディズニーリゾートの入場料が値上げされるというニュースが記憶に新しいですが、Japaaan的にはこちらのほうが気になる気になる!

奈良県斑鳩町の世界遺産「法隆寺」。1月1日から拝観料が引き上げられました。大人(中学生以上)が1000円から1500円に、小学生が500円から750円でいずれも1・5倍になっています。

1993年から据え置かれてきた拝観料ですが、法隆寺の古谷執事長は「多くの文化財を抱える寺の維持には、ある程度の浄財が必要と判断」され、値上げに踏み切ったようです。

値上げの背景には参拝客の減少がありました。少子化の影響で参拝客の多くを占めていた修学旅行生が減少、一般の観光客も旅行先が多様化し、参拝客は減少。

世界遺産になった1993年度までは年間100万人を超えていましたが、2005年度には60万人に。「平城遷都1300年祭」が開催された2010年には96万人に回復しましたが100万人には届かず、2013年度には再び減少して79万人でした。

画像:photoAC
値上げはうれしいことではないですが、五重塔や金堂が立つ「西院伽藍(がらん)」、夢殿がある「東院伽藍」、百済観音などの国宝・重要文化財を安置する「大宝蔵院」の計3カ所の拝観料。観覧できるものを考えたら、相応の価値があるのではないでしょうか。

朝日新聞デジタルがタイトルで一句詠んでいます。
via.客減れば、値上げやむなし法隆寺 拝観料引き上げ:朝日新聞デジタル

公式サイト:法隆寺

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。