ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

5つ星より豪華!最高級パラスホテルを巡って気付くものとは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

出典:http://www.mandarinoriental.co.jp/paris/

出典:www.mandarinoriental.co.jp

TRiPORTライターKANAです。

みなさんは、五つ星ホテルより上のランクがあるのをご存じでしょうか? フランスには、ホテル格付け制度に最高位「パラス」というランクがあります。現在パラスホテルは16軒で、星の数ほどあるホテルのなかでごくごく僅か。パラスに任命されることは、とても名誉なことなのです。

パラスホテルはホテルの豪華さやサービスが卓越しているだけではなく、他のホテルにはない個性を持ち、かつ伝統や歴史ある建物でないと選ばれません。歴史ある建物の卓越性を審査基準にいれるのは、建物自体に価値がある街全体がもはやアートのフランスならではと言えるでしょう。
また、パラスホテルはただ高級だから良いというわけではなく、こういった一流と呼ばれるホテルからは、それ相応の感性・気遣い・立ち振る舞い・美徳を学べます。贅沢をしに行くという意識ではなく、”自分を磨く”という心持で、たまに足を運んでみてはどうでしょうか? ではここで、おすすめのパラスホテルベスト3を紹介します。

個性的な素晴らしきパラスホテル ベスト3

(1)「ル・ロワイヤル・モンソー ラッフルズ・パリ

Fotor0110140853

画像:筆者「パリ【女子一人旅旅行記】ラグジュアリーな高級パラスホテル巡り(バー・レストラン)

シンガポールで特に有名な「ラッフルズ」系列のロイヤルモンソー。他のホテルとの圧倒的な差は、”モダン”な雰囲気が楽しめるということ。人気インテリアデザイナーのフィリップスタルクが監修したインテリアは、どれも個性的で驚かされます。ミシュラン一つ星の「ラ・キュイジーヌ」では、なんとあのピエールエルメの朝食を堪能できます。人気スキンケアブランド「クラランス」がプロデュースするスパ&プールは幻想的な空間。夜はエジプト綿のリネンが極上の眠りを誘います。卓越したサービスも感動ものです。秘密の映画館もホテル内のどこかにあるとか…。

(2)「ル・ムーリス

IMG_7125

画像:筆者「パリ【女子一人旅旅行記】ラグジュアリーな高級パラスホテル巡り(バー・レストラン)

ル・ムーリスは他のパラスホテルと比べてわかる通り、ひときわゴージャスで煌びやかな内装が特徴となっています。まるで中世の豪邸に迷い込んでしまったかのような豪華な空間のなか、アフタヌーンティーやお食事を楽しめます。まるでベルサイユ宮殿にいるかのよう! ゴージャスさを追求するなら、迷わずムーリスを。スイスブランド「ヴァルモン」のスパも外せません。

(3)「ル・シャングリラ

Fotor011513441

画像:筆者「パリ【女子一人旅旅行記】ラグジュアリーな高級パラスホテル巡り(バー・レストラン)

シャングリラでは、高級ホテルではちょっと珍しい夜の楽しみ方があるのです。「ル・バー」では、夜になるにつれ照明がどんどんカラフルになり、ダンスミュージックがかかって近代的な空間に早変わり! クラブのような雰囲気のなか、心ゆくまでナイトライフを満喫できます。パリの格式高い高級ホテルでは、なかなかないような試みではないでしょうか? 一方で、ホテルの内装はエレガントに保たれています。そんな2つの顔を楽しめるホテルです。
IMG_6395

画像:筆者「パリ【女子一人旅旅行記】ラグジュアリーな高級パラスホテル巡り(バー・レストラン)

一つの見方に囚われず様々な視点で国を知る

”旅”と言っても、一人一人それぞれ着眼点が違うので、見えてくる国の姿も違うと思います。例えば、バックパッカー旅行で来たのと、ハイエンドなラグジュアリーな旅では、感じるフランスの姿も違い、どちらもそれぞれに良いところがあるでしょう。パリにしても、俗にいうロマンチックで優雅なイメージ通りのところも確かにあります。その一方で、移民が集まっているエリアはまた違った雰囲気を醸し出しています。そういったこと全部をひっくるめてパリという街を見たときに初めて、リアルな「パリ」が見えてきます。

一つの見方に囚われず、様々な視点でその国のことを知る。そして見えてくる”本物”の国の姿を感じ、視野を広げる。
これこそが、旅の真の醍醐味ではないでしょうか?

みなさんも自分らしい素敵な旅を。 Bon voyage!

(ライター:KANA「HOTな海外オシャレ旅LIEE」「TRAVEL PHOTO集」各国のホテルをくまなく巡り、記事やブログで発信中)

憧れの「花の都」パリは不便!?そう思わせない生き方とは
その他のパラスホテル一覧 By フランス観光開発機構
パークハイアットパリ支配人インタビュー By フランス観光開発機構

パリの旅行記

*KANA 「パリ【女子一人旅旅行記】ラグジュアリーな高級パラスホテル巡り(バー・レストラン)
*大西桜子「アメリのロケ地を巡る、フランス・パリ、モンマルトルの旅
*Saki Ishizaka「かわいい!パリのおすすめレストラン&カフェ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。