体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【実況動画】『グランツリー武蔵小杉』の見どころは? せんとすレポーターがショッピングモールを探索

テント小

2014年、11月にオープンした大型商業施設『グランツリー武蔵小杉』。気軽な日常のお買いものからお洒落なプレゼントまで、様々なものが取り揃えられ、神奈川地域の人の新しいお買い物スポット。今回は、せんとすレポーターが動画を交えてショッピングモール『グランツリー武蔵小杉』の見どころを実況いたします。

※すべての画像が表示されない場合は下記URLよりご覧ください。
http://getnews.jp/archives/801394

【グランツリー武蔵小杉実況動画】

動画はこちら:http://youtu.be/V0KgBHK7cmk

実際にキャンプに訪れた気分に スノーピーク

店舗画像

まず訪れたのはアウトドアグッズを展開しているブランド『スノーピーク』のお店。店舗は、人工芝や実際のキャンプ風景が映された大型モニターなど、実際にキャンプに訪れたようなショールームになっており、店舗スタッフの方から、設営やキャンプについて詳しくレクチャしてもらえます。

テント小の中

■店内に置かれたコンパクトタイプのテントはお値段29,800円(税抜)
小さいながらもテントの機能性に驚かされます。

ジャンパー 開いたところ

■ポケットが充実! 高機能アウトドアウェア
店内をぐるりと回り、この季節にぴったりのアウトドアウェアもセール価格で発見。大きなユーティリティポケットがあるダウンジャケットは、手ぶらでどこでも行けそうなほどポケットが充実。「これは便利ですね。手ぶらで実況放送ができますよ」とせんとすレポーター。

テント大

■「住めますね!」と大感動 5人用テント
大きいテントはまるで家のよう。寝て起きてキャンプして……と説明を受けるうちに、スノーピーク店長さんとレポーターでキャンプ気分をすっかり堪能。せんとすレポーターも「これ(テント)は住めます! これ使ってキャンプしてみたいですね……! 30代にして新たな趣味が生まれそうです。」とコメント。

ヤギがお出迎え 書店の中のカフェ『白ヤギ珈琲店』

店舗外観 店長さん入り

次に訪れたのは『白ヤギ珈琲店』。こちらの店舗の特徴は、紀伊国屋書店の中にあること。書店の中に森があるような雰囲気の店舗ですが、大人が訪れやすい落ち着いた印象のカフェ。店内からは、ほわ~んと珈琲の良い香りがたちこめます。

黒ヤギ

さっそく店舗のオブジェのヤギを発見し「黒ヤギではなく、なぜ白ヤギなのでしょうか?」となぜかヤギについて興味津々のせんとすレポーター。その謎に迫るべく、店長さんにリサーチ。

ドリンク

■『白ヤギさんのホワイトチョコミルク』を飲んでみた!
メニューの中から季節限定の『白ヤギさんのホワイトチョコミルク』をセレクト。甘くて濃厚な味わいに舌鼓。

手帳にチョコレート、リュック、アロマ……! 楽しいグッズ満載のロフト

ロフトラボ

■実際に使って体験! ロフトラボ
グランツリー武蔵小杉のロフトでは、ロフトラボという体験型コーナーが設置されています。その時期に沿ったイベント講習が随時開催。その場でラッピングやデコの講習が受けられるのだそう。そのほか、せんとすレポーターがロフトで広報さんに今、旬のオススメのグッズをリサーチ。手帳にチョコレート、リュック、アロマ等、レポーターの興味の赴くままにご案内いただきました。

リュック2 リュック

■さまざまなリュックが続々登場
色彩の鮮やかなやリュックや、軽量なリュックがずらり。華やかなリュックをしょってみるとウキウキ春めいた気分のレポーター。

1 2次のページ
erini (エリーニ)の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信のナカノヒト。食べ合わせを研究しています。 好きなもの:ダンス全般と漫画。 特技:漫画の早読み。 好きな動物:ハリネズミ。 好物:焼き鳥とナッツ。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/eri

TwitterID: erini_desu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。