ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

宝くじの高額当せんについて囁かれている噂の真相を検証する

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 宝くじの高額当せんについて、まことしやかに囁かれている噂がある。それっていったい本当なの?

その1:高額当せんすると寄付の電話がかかってくる?

 当せん者が他人に話さない限り、当たったという情報が知れわたることはない。電話がかかってくることは当然ないのだ。

その2:高額当せんの番号は本当は事前に決められている?

 決められていない。宝くじの抽せんは複数の立会人が見守るなか、すべて公開で行われる。また、ジャンボ宝くじはNHKのテレビ放送で、ロトやナンバーズなどの数字選択式宝くじはインターネットで生中継されている。

その3:どんなに高額の当せん金でも、みずほ銀行の本店に行けばその日に受け取れる?

「100万円を超える場合、宝くじが本物かどうか鑑定する決まりになっています。そのため、当せん金の受け取りには数日かかります」(みずほ銀行宝くじ部)

※女性セブン2015年2月12日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
宝くじ高額当選者 最も多いのは60才以上、女性の割合が増加
宝くじ高額当選 男性はK.S. 女性はK.K.さんがチャンス
宝くじ高額当せん者 多いイニシャルは男「H.K.」女「M.K.」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP