ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

BUYMAを超えるか?海外旅行者に買い付けを頼めるアプリ『amarico』を使ってみた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

雑誌で見つけた欲しい商品があるけど、海外でしか売っていない。でも、海外ウェブサイトから買うと送料が商品より高い!

そんな悩みを素早く、しかも送料も安く解決してくれる新しいお買い物アプリ『amarico』を使ってみた。

この無料アプリは、海外を旅行する人(トラベラー)と、海外の商品を欲しい人(リクエスター)の間で、海外の商品を手軽に売り買いすることができるサービス。海外在住者で一時帰国予定の人や、海外旅行中の人に欲しいものをリクエストして買ってきてもらい、帰国後に宅配便で送ってもらうというサービスだ。

まずは、amarico をダウンロード。(2015年2月3日現在、iPhone用アプリのみ。)

まずは最初のログイン。Facebookと繋げられる他、メールで登録も可能。Facebookの場合もセキュリティーのためパスワードを再入力する必要がある。

トップページへ。海外旅行者(トラベラー)が買いすぎたアイテムをフリーマーケット感覚で出品している『おみやげ』を紹介するコーナーのほか、キーワードやカテゴリーからお目当の商品を探す検索ボタンもある。

 

気になる商品代金と荷物の受け取りの流れは、リクエスターが支払った代金をいったんamaricoが預かる仕組み。リクエスターに商品が届いた時点でトラベラーに代金が支払われるので、買う側としては「支払ったのに、商品が届かない!」というトラブルがないので、安心して買い物ができる。

今回は、イギリスの英国王室御用達紅茶ブランドの買い付けを頼んでみた。

まず、右下のリクエストを出すをクリック。すぐに、写真追加と希望価格や、購入希望エリアなどが細かく指定できるページが出る。

指定できるエリアは、世界主要国を全て網羅。国を指定するだけでなく『免税店(海外の空港・ショップ)』も選べる。

詳細欄に細かいリクエストを書くことができるので、条件が合えば、例えばハワイを旅行中のトラベラーに「アラモアナセンターのあの店でハンドメイド・ハワイアンキルトを買ってきて」と、指定することも可能なのだ。

国内の送料は、リクエスター負担(着払いのみ)対応。購入後に「マイリクエスト」画面から指定業者を指定することもできる。

詳細を入力し、プレビュー画面へ。

確定して終了。ここまでで5クリックでリクエストを出すことができた。

海外ブランドを買おうとすると、店側は万が一の事故を避ける為一般郵便ではなくDHLやUBSなどの航空貨物輸送会社を使う傾向がある。そのため、送料だけで1万円を超えてしまったなんて笑えない状況も出てくるのだ。

このamaricoは、日本に帰国する人にバイヤーを頼むことで国内着払いの宅配料金だけで、安心して安く買い物きる画期的なアプリだ。

さらに個人情報に気を配りたいユーザーは、オプションで『amarico経由で配送する』を選択すれば、プラス1500円でamaricoが代理でバイヤーから荷物を受け取り、送料別途着払いでリクエスターに商品を届ける。住所や名前など機密情報を開示しないので、安心なサービスだ。

1つ難点といえば、まだサービスが始まったばかりでバイヤーの数も、リストされているおみやげの数も少ない事。

例えば海外買い付けの大手サイトのBUYMAと比較した場合、リクエストを出してから返事が返ってくる時間も長いし、カテゴリー別にリストされているお土産の数も少ない。

ただ、送料の問題が解決されるのは海外ブランド好きにはとても良いニュース。日本で未発売のあのブランドを安く、早くオーダーできるチャンスだ。

amarico-あなたの欲しいモノを旅行者にお願い (iPhone用アプリ)

amaricoウェブサイト

 (Writer: Saera Jin)

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP