ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

口溶け抜群 彦摩呂が鳥取和牛で黒米ご飯を巻いて食べ、うまさに身震い!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2月1日放送の「ドラGO!」(テレビ東京系、毎週日曜午後6時)では「鳥取スタミナ街道ドライブ」と題して、タレントの彦摩呂さん、内山信二さん、モデルの今井華さんが「尾古牧場」(鳥取県大山町)を訪れた。

 「尾古牧場」ではご当地名産・鳥取和牛の繁殖から飼育までを一貫して行っている。3人は牧場に併設された完全予約制の「焼肉ハウス おこ」で食事をした。鳥取和牛は光沢があり、サシがきれいなのが特徴。脂が溶ける融点が低いので口溶けも抜群だ。3人は「ステーキ 250gコース」(8424円 税込み※完全予約制)を注文した。

 早速、肉を炭火で焼いた3人は、ジュウ~という音に「うわ~!」と歓声を上げた。切り分けられた肉を塩で食した今井さんは「上質な脂が舌にまとわりつく」と大感動。続いて食した内山さんも「良い脂ですね。溶け方が違うね」とコメントした。地元産のヘルシーな黒米を炊いた食べ放題のご飯を、肉に巻いて口に運んだ彦摩呂さんは「う~、おいしくて、身震いがする。ほんとおいしい」と大興奮。内山さんが「きょうからここを実家にします」と言うと、彦摩呂さんは「牛舎の方へお願いします」と応え爆笑を呼んだ。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:尾古牧場(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:倉吉・米子のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:その他の料理のお店紹介
ぐるなび検索:倉吉・米子×その他の料理のお店一覧
ガッツリ系お肉に舞の海も大満足!! 肉汁したたる六本木のステーキ
彦麻呂がうまさに悶絶! 「カニの本社会議や」と称賛した絶品「カニ焼き飯」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP