ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ブンブンサテライツ、遂にニューアルバムのカバーアートプロジェクトが完結

DATE:
  • ガジェット通信を≫

本日ニューアルバム『SHINE LIKE A BILLION SUNS』の店着日を迎えたブンブンサテライツ。同アルバムのプロジェクトとしてオフィシャルサイトで発表してきたカバーアート作品も、新境地を見せた楽曲「BLIND BIRD」でリボンアートの第一人者で世界的なクリエイターRIBONESIAが渾身の作品を作り上げ、アルバムの完成を祝っている。

リボンアートRIBBONESIA、イラストレーターredjuice、イラストレーター関根正吾、フラワーアーティストedenworks、マッドペイント宮崎真一朗、水墨画アーティストYOZA…による6作品がアルバム『SHINE LIKE A BILLION SUNS』を彩る形となっているので、アルバムを手にとって各作品にも注目してほしい。そして、クリエイターを目指す人は、この作品の初回生産盤に付属されているリミックス・パーツやスコアを元に新しい作品を生み出すチャンスを掴んでみよう。

そんな同アルバム発売を迎え、メンバー中野はブログで、「僕達はこれまで紆余曲折、様々な出来事がありました。耐え難い絶望のような時間を過ごしたり、喜びの絶頂を味わったり、、それはもう、万華鏡のレンズを覗くような、カラフルで恐ろしくも好奇心に溢れた時間でした。ファンやリスナーの皆さんにはこの作品を通して、先入観のない純粋な音楽体験をして欲しいと願っています。『SHINE LIKE A BILLION SUNS』という約50分の音楽を媒介にして、沢山の人達と様々な想いを共有したい。今を生きよう。あるがままに。それが『SHINE LIKE A BILLION SUNS』に込めたメッセージです。どうか心ゆくまで味わってください。今日まで僕達を支えてくれた沢山の人達に感謝します。ありがとう!」と今の気持ちを綴っている。様々な形で、このニューアルバム『SHINE LIKE A BILLION SUNS』を楽しんでもらいたい。

また、デビュー当初から行っている、ブンブンサテライツがゲストを招いて続けてきた企画イベント「FRONT CHAPTER」の開催も発表された。Vol.3では「BRANDNEW CHAPTER」と称してサカナクション、マキシマムザホルモン、9mm Parabellum Bulletらとツアーしたことが記憶に新しい。4回目を数える今回の「FRONT CHAPTER Vol.4」は8本の全国ツアーが敢行される。どんなゲストが招かれるのかはまだ発表されていないが、後日の発表を待とう。

【カバーアート参加クリエイター】
「BLIND BIRD」
リボンアート RIBBONESIA
http://www.ribbonesia.com/
前田‘BAKU’麦が率いるアート・プロジェクト。1974年生まれの前田麦(まえだ・ばく)は札幌出身・在住のアーティスト/イラストレーター。日本、海外のマンガからインスパイアされたコミックのタッチのイラストレーションを主軸としながらも、現在それだけに留まらずモバイルコンテンツやキャラクターデザイン、アートディレクションなど幅広い活動を行っている。近年は、生まれ育った土地、北海道(自然が豊かで、野生動物も多く生息)の影響から、動植物をモチーフとした作品を多く発表している。

「A HUNDRED SUNS」
イラストレーター redjuice
http://redjuicegraphics.com/
ソングライターryoを中心とするクリエイターユニット「supercell」のメンバーとして手がけた『ワールドイズマイン』のPVイメージイラストが楽曲のヒットと併せて話題を呼び、2008年夏、初音ミクを使った初のメジャーCDとしてオリコンデイリーランキング3位を獲得したlivetuneのデビューアルバム『Re:package』のジャケットを手がけたことで一躍人気イラストレーターとして注目を集めるようになる。同アルバム収録の楽曲『Last night, Good night』のPVやリミックスアルバム『Re:MIKUS』でのコラボレーションなどでlivetune、ボーカロイド双方のファンから支持されている他、そのイラストが持つ独特の雰囲気と既存の枠にとらわれない表現が、国内外を問わず高い評価を得ている、いま最も注目すべきクリエイター。

「VANISHING」
イラストレーター 関根正吾
http://shogosekine.tumblr.com/
1983年生まれ、ニューヨーク育ち。2013年よりフリーランスのイラストレーターとして活動を開始。ファッションや旅、自然などを軸に独特なラインで描かれる作品が、瞬く間にファッション業界で話題を呼び、一年間のうちに150冊を超える雑誌にてイラストを手掛ける。今年は雑誌以外の分野からも多数ラブコールを受けており、現在、さまざまなプロダクトや作品を制作中。

「OVERCOME」
水墨画 TAKUMI YOZA
http://middle2nd.jp/
アナログとデジタル・伝統と革新を横断しながら、現代にフィットする表現を追求する。2009年より墨閃会代表/水墨画家土屋秋恆氏に師事し水墨画を学び2013年よりウラタダシ氏に師事しイラストレーションを学ぶ。墨閃会会員。デザインユニット「mokuva」メンバー。

「COMPLICATED」
マットペインター MIYAZAKI SHINICHIRO
http://lostmeans.net/miyazaki_shinichiro/
中学の頃よりフォトコラージュを中心としたグラフィック作品に多大な影響を受け、制作を開始。人の思い出に響くものをテーマに日々活動中。

「SHINE」
フラワーデザイナー edenworks
http://edenworks.jp/
独自の感性で花の可能性を見つけ、イメージを花で独創的に表現する。花の一般的な業務の他に、百貨店のメインビジュアルやカタログ撮影の大型セット、アーティスト写真やミュージックビデオ、スタイリストとのコラボレーションなど様々な分野で活躍中。また作家やミュージシャンの自邸、海外の個人邸のガーデンデザインや施工も手がけている。

アルバム『SHINE LIKE A BILLION SUNS』
2015年2月4日(水)発売
【初回盤】
SRCL8688~9/¥3,500+税
【通常盤】
SRCL8690/¥3,000+税
<収録曲>
M1 SHINE
M2 ONLY BLOOD 
※日本テレビ映画「MONSTERZ-モンスターズー」トレイラーソング
M3 COMPLICATED
M4 A HUNDRED SUNS
M5 VANISHING 
※BMWクリーンディーゼルCMソング
M6 BACK IN BLACK 
※TRIGGERアニメ「ニンジャスレイヤーフロムアニメイシヨン」主題歌
M7 THE MOTH(attracted the flame)
M8 BLIND BIRD
M9 OVERCOME
M10 STAIN
M11 EMERGENCE

◎amazon購入ページ
http://amzn.to/1COgXCt

◎ダウンロードURL
■mora
http://mora.jp/artist/492/all
■iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/shine-like-a-billion-suns/id952660354

「A HUNDRED SUNS」MV
http://youtu.be/jlqTeCQehOs

BOOM BOOM SATELLITES生出演『SHINE LIKE A BILLION SUNS』リリース記念特番
2月06日(金)20:00〜22:30
http://live.nicovideo.jp/watch/lv206242007

【ライブ情報】
BOOM BOOM SATELLITES 「FRONT CHAPTER Vol.4」
5月05日(火・祝) 広島CLUB QUATTRO
5月06日(水・休) 福岡DRUM LOGOS
5月13日(水) 名古屋CLUB QUATTRO
5月14日(木) 梅田CLUB QUATTRO
5月16日(土) 富山MAIRO
5月20日(水) 渋谷CLUB QUATTRO
5月29日(金) 札幌cube garden
5月31日(日) 仙台RENSA

TOTAL INFO Livemasters Inc. 03-6379-4744

「『SHINE LIKE A BILLION SUNS』 PREMIUM GIG」
3月15日(日) EX THEATER Roppongi

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
BOOM BOOM SATELLITES オフィシャルHP
BOOM BOOM SATELLITES オフィシャルYouTubeチャンネル

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP