ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

おぼんにキーボード、そして車……なんでもスケート映像が癖になる! モダン・サイケ・ロック・バンドのMV!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ダリ髭なヒッピーおじさん……スケートボード禁止の看板を横目に、妙なステップで歩き出し、おぼんやキーボード、車のバンパーなどで華麗なスケートボードの妙技を披露。そのBGMはギンギンなサイケ・ロック!

これはサンフランシスコの前衛サイケ・ロック・バンド、ウッドゥン・シップスのメンバーであるリプリー・ジョンソンとサナエ・ヤマダ夫婦によるプロジェクト、ムーン・デュオの最新MV。2011年に『Mazes』、12年に『Circles』の2枚のアルバムをリリース、米批評サイト『Pitchfork』などさまざまな媒体から絶賛を浴び一躍注目を集めました。ここ日本でも、13年に都内4公演から成る初来日ツアーを敢行、インディ・ファンの間で大きな話題となったバンド。彼らがこのたび2年半ぶりの通算3作目となる『シャドウ・オブ・ザ・サン』をリリースする。本作はそこからのカットとなる楽曲「Animal」。また『シャドウ・オブ・ザ・サン』は日本での3月25日の発売も決定している。

このダリ髭の方の正体だが、その超絶テクニックと、そのスケーターらしくないいでたちで話題を集める、スケート・ブランド、Death Skateboardsの看板でもあるオーストラリア人、プロ・スケーターのリッチー・ジャクソン。癖になったら、Youtubeで彼の映像を探してみるとおもしろいかもしれない(自身のPVやスケート映像では、ムーン・デュオとも通じる1960年代的なサイケ・ガレージ・ロックが使われている)。
(河村)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。